オリコカード

  • クレジットカード・ETCカードの年会費無料・発行手数料無料
  • ポイント還元率1%以上
  • 最短8営業日で発行可能
  • 派遣社員、パート・アルバイト、学生、主婦 申し込みOK
  • Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで最大16.5%ポイント還元

 今オリコカードを作ると8,000円分のポイントがもらえます!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

オリコカードを発行するにあたって心配なのが、審査ですよね。審査が厳しいと発行できるかどうか不安になりますし、反対に甘いことが分かれば気軽に申し込めます。

今回は、オリコカードの審査について詳しく解説します。オリコカードの発行を検討している方は、参考にしてみてくださいね。

オリコカードは信販系カードなので難易度は低め

オリコカードは、オリエントコーポレーションが手がけるクレジットカードです。

オリエントコーポレーションはローンやクレジットカードを主な商品としている、「信販系」の会社です。

信販系クレジットカードは、基本的に審査難易度が低いと言われています。※スーパーや通販サイトなどが発行する「流通系」が最も発行しやすく、その次に発行しやすいのが信販系となっています。

信販系の場合、発行したクレジットカードを多くの人に使ってもらえればそれだけ利益があります。言い換えれば審査が厳しいと使ってもらえる人が減り、儲かりません。

オリコカードは信販系のクレジットカードであるため、基本的には発行する難易度が低いことになります。なので、審査に落ちるかもしれないと身構える必要はないでしょう。

結局は、申し込みしなければ結果はわかりません。

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

楽天カード並みに審査が甘いと言われることも

オリコカードの中でも、18歳以上で高校生以外なら誰でも申し込める年会費無料の「Orico Card THE POINT」は審査が甘いと言われがちです。

その甘さは「無職でも発行できた」など、各所で審査が甘いと言われる「楽天カード」にさえ匹敵すると、口コミサイトなどでは評判になっています。

オリコカードをより確実に発行したいなら、審査が甘いと言われているものを狙ってみるのが良いでしょう。

ただし審査が甘いからといってどんな人でも無条件で審査に受かるわけではないので、甘く見ないようにしましょう。

申し込み資格は「高校生を除いた18歳以上」

オリコカードを申し込めるのは、基本的に18歳以上となります。そして高校生は、たとえ18歳以上でもオリコカードを申し込むことができません。

しかし、それ以外はこれといった制限がないカードも多数存在しています。オリコカードの申し込み資格は、比較的やさしいと言えますね。

大学生でも申し込める!未成年でもOK

18歳以上が発行対象になっていれば、大学生でも申し込めます。そして「18歳以上」が対象ということは、そのカードは未成年でも申し込めるわけです。

この時点で、クレジットカードの発行基準としては甘めであると言えるでしょう。

大学生や18〜19歳の若者が申し込みに対応しているということは、申し込めばちゃんと発行できる可能性は十分にあります。

フリーターや派遣社員、主婦でも申し込める

オリコカードは、特別な記載がなければフリーターや派遣社員といった身分でも申し込めます。

また主婦やパート、最悪の場合無職でも、具体的に「対象外」と書かれていなければクレジットカードを申し込んで発行できる可能性は大いにあります。

「自分は正社員じゃない/ちゃんと働いていないから無理だろう」と申し込む前から諦めず、申し込んでみましょう。

申し込めば無事に審査に通ってカードを発行できるかもしれません。もしダメだったら、またしばらくしてから申し込めば良いのです。

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

ゴールドカードなどは申し込み資格の制限が厳しめ

オリコカードは、全てのカードが誰でも申し込める条件設定のやさしいものばかりなわけではありません。

例えばOrico Card THE POINTは「 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)」が発行対象ですが、The Goldは「原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方」です。

つまりゴールドカードの「The Gold」は未成年は申し込み不可、さらに「原則として」安定した収入があることも必要になるわけです。

あくまで「原則」なので収入が安定していなくても「The Gold」を発行できる可能性はゼロではありませんが、基本的には20歳以上で収入が安定していなければいけません。

このようにカードによっては申し込める人が限られるものもあるので、発行できる確率を高めたいなら申し込み資格が易しいものを選びましょう。

土日は審査していない

オリコカードの審査は、平日に行われていると考えられます。

具体的に「土日は審査をしていません」と明言されているわけではありませんが、即日発行には対応していませんし、発行までの日数について「営業日」で記載されています。

「営業日」の設定があるということは、営業していない日はカウントしないで考えなければいけませんし、「営業していない日が存在していること」も意味しています。

オンライン申し込みで「最短8営業日」で発行可

Orico Card THE POINTやThe Goldなどは、オンラインで申し込めば「最短8営業日」で発行できるしくみです。

8営業日ということは、最短発行の場合例えば週の頭に申し込んだなら、平日5日+休日2日+翌週の平日3日の合計10日で発行できるわけですね。

つまり、約2週間で審査が終わり、カードが発送されることになります。

三井住友カードなら最短3営業日、セゾンカード系列なら即日発行可能なカードもあることを考えると、オリコカードは審査が終わってカードを入手できるまで比較的時間がかかるカードです。

時間がかかるといっても、月曜日に申し込めば来週の水曜日には届く計算です。早めに終わらせてしまいましょう。

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

未成年や学生はオンライン申し込み不可能

オリコカードは、未成年や学生でも申し込めます。ただしオンラインでの申し込みができず、書類で申し込まなければいけません。

そのため学生・未成年は、発行まで日数がかかります。至急カードを手に入れたい場合は注意しましょう。

申し込む際は属性やクレヒスを確認しよう

オリコカード発行にあたって確認しておきたいポイントはたくさんあります。

ここから紹介する条件に問題なければ絶対に発行できるわけではないことに注意が必要ですが、細かい項目を見直せして問題を減らせば、発行できる確率は上がります。

勤続年数や居住年数は長いに越したことはない、「居住形態」も大事

例えば現在勤めている会社の「勤続年数」が半年未満など短いと、「不安定である」と見なされてしまう可能性があります。

特に「安定した収入」と申し込み資格に記載があるクレジットカードを申し込む際は、勤続年数はできるだけ長めの状態でなければ発行できる確率は下がってくるでしょう。

勤続年数と合わせて確認しておきたいのが「居住形態」と「居住年数」です。

今住んでいる家が賃貸か持ち家か、そして住んでいる期間の長さも、クレジットカードを発行する上でチェックされるポイントです。

自分で家を所有している持ち家なら、当然ながら有利です。しかし賃貸住宅でも、居住年数が長ければ安定して家賃を支払っている=収入の安定となるので問題はないでしょう。

年収もやはり高いに越したことはない

オリコカードを申し込むにあたって、年収もやはり高ければ高いほど良いのは事実です。

年収100万円程度やそれ以下、最悪の場合年収0円でも、もちろん特殊な条件がなければ発行できる可能性はゼロではありません。

しかし年収が高ければそれだけ、発行はしやすくなります。年収が少ない場合は、居住年数や勤続年数など他の項目でできるだけ問題をなくしてから申し込みたいですね。

なお見栄を張って嘘を記入すると、余計に怪しまれて発行を拒否される可能性が高まります。たとえ年収が低めだとしても、正直に記載した方が発行できる確率は上がりますよ。

クレヒスの積み重ねがあると、カードを発行しやすい

クレジットカードを申し込むにあたり、あるととても有利になるのが「クレヒス」です。クレヒスとは、「クレジットヒストリー」の略です。

過去にクレジットカードを利用した情報は、カード発行時などにデータを照会される「信用機関」に保存されています。

今まで支払いが滞りなく行われていて、さらにクレジットカードの利用頻度も高いなら、優良な顧客と判断されるためクレジットカードを発行できる確率は大幅に上昇します。

極端な話クレヒスに問題なければ居住年数や年収が悪くてもカードを発行できる可能性は高まりますし、他に一切問題なくても、クレヒスが全くないと発行できないことがあります。

ちなみにクレジットカードを一切使っていなくても、携帯電話を分割購入して毎月適切に支払えば信用機関に情報が残ります。

申し込む予定のオリコカードが初クレジットカードなら、できれば事前に携帯電話を分割購入し、信用機関に情報を残しておきたいですね。

まとめ

オリコカード

ここまで解説してきましたが、最終的な結論としてはまず申し込んでみるのが一番です。

大丈夫だろうと思っても、何らかの原因で落ちること可能性はゼロではありませんし、反対に審査に不安を抱えながらでも普通にカードを発行できることはあります。

申し込まなければ、発行できるかどうかはわかりません。あれこれ悩んで時間を無駄にしてしまうよりも、まず申し込んでみるのがおすすめです。

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存