東京ディズニーランド、ディズニーシーでは園内でクレジットカードを利用することができます。

日本国内にあるテーマパークでは、食事や飲み物を購入するときに現金で購入される方が多いですが、ディズニーランドやディズニーシーでは積極的にクレジットカード払いを選択する方が増えています。

現金を持ち歩くと財布がかさばりますし、なにより小銭の出し入れが面倒です。「夢の国」と言われているテーマパーク内で、現実的なお金のやり取りはちょっと嫌だなぁ。と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ディズニーランドやディズニーシー内でクレジットカードを利用すると、お得に買い物ができたり、特典を受け取ることができるなど、多数のメリットがあります。

それでは、園内で使えるクレジットカードの種類、園内で使うとお得になるおすすめクレジットカードを見ていきましょう。

ディズニーランド・シーで利用可能なクレジットカード

園内でクレジットカードが使えるようになってすぐの頃は、ディズニーランド・シーのオフィシャルスポンサーになっているJCBのみ利用可能でした。

しかし現在では、より便利に楽しんでもらいたいという企業努力により、日本で発行されているほとんどのクレジットカードが利用可能となっています。

園内で利用できるカードブランドは、「5大国際ブランド」と呼ばれているブランドになります。

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
  • アメックス(アメリカンエキスプレスカード)
  • ダイナースクラブ

今お持ちのクレジットカードは、おそらく上記いずれかに当てはまると思います。

日常的にコンビニやスーパー、飲食店を利用するときに使っているクレジットカードを、そのままディズニーランドやディズニーシーの中で利用できるということですね。

その他にも、各種デビットカード、プリペイドカードを使うこともできます。使う分だけチャージしておいて、当日はそのカード1枚でパークを回れば、つい羽目を外して使いすぎてしまった…なんて事態も回避できますね。

ディズニーランド・シー利用者におすすめのクレジットカード

今持っているクレジットカードをそのまま利用することができますが、ディズニーランド・シーで利用するとお得になるクレジットカードがあります。

まだクレジットカードを持っていない方や、ディズニーランドを頻繁に利用する方、ディズニーデザインのかわいいクレジットカードを持ちたい方に、おすすめできるクレジットカードをまとめました。

JCB一般カード(ディズニー・デザイン)

JCB一般カード(ディズニー・デザイン)

日本国内で使われているクレジットカードの中でもダントツに利用者が多いJCBカード。実は通常デザインだけでなく、ミッキーデザインを選択することもできます。

JCBカードを利用するメリットは、毎月の利用額1000円ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まるという点です。貯まったOki Dokiポイントは、JCBギフトカード、Amazonポイント、ディズニー入園チケットに交換することができます。

年間パスポートは持っていないけど、1年に1回以上はディズニーランドを利用するという方は、ポイントを入園チケットに交換できるのはなかなか嬉しいですよね。

JCBカードは本家JCBが発行するクレジットカードなのでステータスも高いです。ディズニーデザインの良さとステータスの両方を手に入れられるJCBカードは、ディズニー好きにおすすめめできる1枚です。

JCBカード公式サイト 発行はこちら(無料)

ディズニー★JCBカード

ディズニー★JCBカード

カードデザインがとにかく豊富な「ディズニー★JCBカード」 選べるキャラクターは、

  • ミッキー
  • ミニー
  • プーさん
  • スティッチ
  • ドナルド
  • ティンカーベル

ディズニーは好きなんだけど、一番好きなのはミッキーじゃなくてプーさんやスティチ!なんて方もいらっしゃいますよね。

自分が一番好きなキャラクターを選べば、お財布を出すのが楽しくなること間違いなしです!

ディズニー★JCBカードのメリットは、買い物した金額の200円につき1ディズニーポイント貯まります。

貯まったポイントは、1ポイント1円として、入園チケット購入時にも利用できたり、ディズニーホテル宿泊やレストランの優待券との交換にも対応しています。

年間複数回ディズニーランドへ行くという方にはとってもお得なカードになっています。

ディズニー★JCBカード(ゴールド)

ディズニー★JCBカード(ゴールド)

ディズニー★JCBカードには、ゴールドカードもあります。通常の一般カードは200円につき1ポイントですが、ゴールドは100円につき1ポイント貯まります。

MUFGカード(ディズニー・デザイン)

MUFGカード(ディズニー・デザイン)

三菱UFJニコスのMUFGカード(ディズニー・デザイン)は、デザインにシックなミッキーマウスを選択することができます。

大手のクレジット会社ということからも、サポートが充実していることで知られているので、はじめてクレジットカードを持つ方でも安心感を持てるでしょう。

このカードを利用するメリットは、1000円ごとに1ポイント付与される「グローバルポイント」です。

グローバルポイントは、200ポイントから利用することができ、家電や日用品、商品券などと交換できます。MUFGカードの公式ページにあるWebカタログから、お好きな商品を選んで交換できる点は、楽しい要素の1つですね。

1つ注意が必要なのは、ポイントの付与が1000単位ということで、100円単位での付与が一切ないという点です。例えば、極端な例を挙げると999円の買い物時はポイントは付与されません。

カードの最大の特徴は、サポートが丁寧親切で知られているので、カードの利用や支払いについて気軽に問い合わせできる安心感のあるカードと言えるでしょう。

イオンカード(ディズニー・デザイン)

イオンカード(ディズニー・デザイン)

イオンカード(ディズニー・デザイン)は、便箋にミッキーマウスの切手が貼られている、とてもオシャレなデザインのカードです。クレジットカードとしては、JCBブランドで発行されます。

WAONのチャージもできて、日々のクレジットカードとしても利用できるので、非常に使い勝手の良いカードと言えるでしょう。カード利用の200円ごとに「ときめきポイント」と呼ばれるポイントが1ポイント溜まります。

ときめきポイントは、イオン公式で用意されているWebページから、家電やファッション、グルメと言った幅広い商品と交換できる特徴を持っています。

更に、旅行券やWAONポイントとのポイント移行に使えますので、WAONの電子マネーに交換すると普段のお買い物もお得になりますね。

200円単位でのポイント付与なので、面倒なポイント計算なども不要。ディズニーランド・シー内の各施設でこまめに使用しても、随時ポイントが付与されるので、非常に使い勝手の良いカードです。

ディズニーランド・シーでクレジットカードを使う際の注意点

冒頭でご紹介した通り、ディズニーランド・シーでは、JCBカード、VISAカード、マスターカード、アメックス(アメリカンエキスプレスカード)、ダイナースクラブの国際ブランドとして認知されている、各種クレジットカードの利用が可能です。

ただ、園内すべての施設で利用できる訳ではなく、中には利用できないお店やタイミングがありますので、いくつか注意点をご紹介していきたいと思います。

注意点1:バルーンベンダー、ワゴンスタイルの飲食施設では利用できない

園内では風船販売、ポップコーン販売など設置されていますが、購入時には現金が必要であることを覚えておきましょう。

注意点2:切手やギフトカードなど換金できるようなものには利用できない

園内に限らずコンビニやスーパーなどでも一緒ですね。記念の切手やギフトカードを購入予定の方は現金で購入しましょう。

注意点3:購入金額によってサインや暗証番号が必要

クレジットカード決済でサイン不要なのは「3万円以内の一括支払い」までです。一方でサインが必要な形は、「3万円以上の支払い、リボ・分割払い、ボーナス払い」となっています。うっかり暗証番号を忘れてしまったということが無いように、大きな買い物を予定されている方は注意しましょう。

以上3点が、ディズニーランド・シー内でクレジットカードを利用する際の注意点です。

特にワゴン販売については、喉が渇いたり小腹がすいたり、以外と購入する機会が多いと思いますので、クレジットカードの利用はできないことを覚えておくと良いですね。

家族や彼女と楽しく園内を周っているときに、持ち合わせが無いなんてことにならないように注意しておきましょう。

まとめ

ディズニーランドやディズニーシー内でクレジットカード利用についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

園内、以前はJCBのみ対応していたクレジットカード払いが、JCBカード、VISAカード、マスターカード、アメックス、ダイナースクラブと利用できるブランドが増えました。

そのため、コンビニやスーパーで買い物をするようにディズニーランド・シー園内でも便利に買い物ができる状態になっています。

特に、「ディズニー★JCBカード、ゴールド」、「JCB一般カード」、「MUFGカード」、「イオンカード」は、新規入会特典・期間特典で限定グッツやデザインを選択できたり、中には数千ポイント単位でいきなり貰えるようなキャンペーンなども多いです。

これから新規申し込みをしようとしている方だけでなく、既にカードを持っているという方は、クレジットカード会社のホームページ上でキャンペーンなど開催されているかもしれませんので、チェックしておくと良いかもしれませんね。

より、お得にカードを利用するためには、最新のキャンペーン情報を頭に入れてチェックしておくというのも必要です。

なんといっても、カードのデザインに大好きなディズニーキャラクターを選べるというのは、ディズニーファンにとっては最高な条件ではないでしょうか。

クレジットカードとETCカードの年会費が無料のおすすめカード一覧

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 楽天カード

楽天カード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

 

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)