オリコカードの発行を申し込んだものの審査に落ちてしまった場合、ショックは大きいですよね。しかし一度落ちたからといって、二度と申し込めないわけではありません。

オリコカードの審査に落ちてしまったのには、必ず何か理由があります。まずは落ちてしまった理由をチェックし、再び申し込むために準備を整えていけば良いのです。

今回はオリコカードの審査に落ちてしまった場合に考えられる原因と、今後どう取り組めばオリコカードの審査に通り、発行できるのかについて解説します。

オリコカードに落ちてもアコムACマスターカードなら発行できる可能性がある

どうしてもクレジットカードを発行したい理由があったのにオリコカードの審査に落ちてしまった場合は、アコムACマスターカードを申し込んでみてはどうでしょうか。

アコムACマスターカードにはポイントや保険などの便利なサービスがありませんが、代わりに審査のハードルが低く、クレジットカードの中でも発行しやすい存在として有名です。

アコムACマスターカードの国際ブランドはMaster Cardで、日本や海外のMaster Card加盟店であれば、問題なくクレジットカード払いできます。

またアコムACマスターカードは日本全国の「むじんくん」の対象店舗で即時発行が可能なので、大至急クレジットカードを用意しなければいけない時でもすぐ手に入れられます。

ポイントや保険がないのは残念ですが、アコムACマスターカードの発行しやすさや発行スピードの速さは魅力的です。

ただしオリコカードの審査に落ちた直後に申し込むと、信用機関にオリコカードが発行を拒否した情報が残っているなどして、アコムACマスターカードさえも発行できない可能性があります。

オリコカードの審査に落ちてからアコムACマスターカードを申し込む場合は、半年~一年程度時間を空ける必要がありますね。

アコムACマスターカード公式サイト 発行はこちら(無料)

オリコカードの審査に落ちた原因と対処法

オリコカードの審査に落ちてしまった原因には、様々な種類があります。

クレジットカードは、審査に落ちた際に具体的に落ちた理由を教えてくれるわけではありません。しかし主な審査に落ちる理由をチェックしていけば、ある程度推測はできます。

審査に落ちた原因が推測できたら、対処法を用いて問題をなくしてから、再度クレジットカードの発行を申し込みましょう。

ここからはオリコカードの審査に落ちてしまった原因と、その対処法を合わせて解説します。

記入ミスがあった

クレジットカードを申し込む際、Web上で完結する申込でも書類を郵送する形式でも、必要事項を記入する必要がありますよね。

記入内容にミスがあると、クレジットカードは発行できません。単純な理由ですが、これが原因で落ちてしまう人はたくさんいます。

記入だけでなく、提出した本人確認書類の有効期限が切れていたり、住所などの情報が記入した情報と異なっていたりした場合もアウトです。

申込資格に当てはまっていなかった

クレジットカードには、それぞれ申込資格があります。申し込むための条件を満たしていなかった場合も、問答無用で落とされてしまうので注意が必要です。

例えばオリコカードの「The Gold」は、「原則として年齢20歳以上、安定した収入がある方」のみが申し込めるクレジットカードです。

この場合「20歳以上」か「安定した収入」の条件が満たされていなければ、他に問題がなくても審査に落ちてしまうわけです。

Orico Card THE POINTの場合は、申込資格が「原則として18歳以上の方(高校生は除く)」のみ。このように、カードごとに申込資格が異なっています。

クレジットカードを申し込む際は申込資格をしっかり確認してから、必要事項の記入ミス・記入漏れをしないよう注意して申し込みましょう。

また嘘を書いても怪しまれるだけなので、例え審査に不利になりそうな情報(年収や職業など)であっても、嘘は書かずに正しく記入しましょう。

多重申し込みをしていたと判定された

クレジットカードは、同時に複数枚申し込むと審査に落ちてしまう確率が上がります。

理由はクレジットカードを複数申し込んだ結果、「多重申し込み」と判断されてしまうからです。

多重申し込みがクレジットカード会社に嫌われるのは、手持ちのお金がなく、クレジットカードでなければ諸々の料金を支払えないのではないかと怪しまれるからです。

クレジットカードがなければ支払えないとなると、最終的に代金をちゃんと支払ってもらえない危険性もありますよね。

実際に複数枚申し込んだ理由はまったく関係なかったとしても、疑いがある時点でアウトというわけです。

つまりオリコカードと同時に複数枚のカードを申し込んでいた場合、多重申し込みと判断されて落とされてしまった可能性があります。

気をつけたいのは、今回オリコカードに落ちた原因が多重申し込みではなかったとしても、落ちた直後に別のカードを申し込んだらそちらが多重申し込み判定になる可能性があることです。

多重申し込み判定されてしまうのを避けるため、クレジットカードの発行はある程度間を開けて申し込むのが重要ですね。

オリコカード以外も含め、今回落とされてしまった場合は次に申し込むまで少し(半年~1年程度)期間を空けましょう。

過去に携帯料金の滞納があった

クレジットカード会社にとって、延滞はとても大きな問題です。

過去に別のクレジットカードで延滞してしまった経験があったり、クレジットカード以外でも携帯電話の利用料金などで延滞経験があったりすると、その情報がしっかり残っています。

過去に延滞経験があるならその延滞情報が確認されてしまったために、今回オリコカードの発行も拒否されてしまった可能性が高いですね。

延滞情報が残っていると信用されないので、そのまま再度オリコカードを申し込んでも通る可能性は低いです。

まずは延滞経験があるなどしても発行しやすいと定評があるアコムACマスターカードなどを発行して、支払いをしっかり行えるという実績を付けていかなければいけません。

住居や収入などの属性に原因があっても、落ちてしまう可能性がある!

クレジットカードの発行を申し込む際に、居住形態や勤続年数、職業などの情報を入力しますよね。

これらの「属性」と呼ばれる情報に問題があると、オリコカードを発行できないこともあります。

居住形態

居住形態は、持ち家の方が賃貸より圧倒的に有利です。賃貸=ダメというわけではありませんが、評価は持ち家の方が上ですね。

また居住年数も、長いに越したことはありません。

半年未満だと家賃を安定して支払えている保証がありませんが、数年同じ家に住んでいるならしっかり家賃を支払う能力がある=クレジットカードの料金も支払ってもらえる可能性が高くなるからです。

勤続年数

勤続年数は、長ければ長いほど有利です。ずっと同じ職を続けているなら収入が安定していて、支払いも滞りなく行ってくれると期待されるからですね。

反対に今の仕事を始めて数か月程度だと、今後すぐに仕事を辞めて収入が不安定になり、しっかり利用料金を支払ってもらえなくなる可能性があるため不利です。

雇用形態

職業そのものにもランクはあります。当然ながら公務員や医師などはランクが高くなっていて、反対にパートやアルバイト、無職はランクがかなり低いです。

ちなみに年収や貯蓄金額については、完全自己申告制であるため実はそれほど重視されません。

年収が低かったり貯蓄がゼロだったりしたとしても、勤続年数や居住年数、職業といった他の属性に問題がなければ、基本的に支払い能力があると判断してもらえます。

属性改善がポイント

オリコカードに落ちてしまった原因は属性だと思われる場合は、属性の改善を行いましょう。

今の家に住んでいる年数や勤続年数がある程度長くなるまで待ったり、職が不安定なら安定した職に転職したりなどして、属性が改善されたら再度申し込んでみてはどうでしょうか。

「クレヒス」がない

最後にもう一つ注意したいことがあります。今まで一切クレジットカードを作ったことがない場合、それが原因で今回審査に落ちてしまった可能性があるんです。

過去にクレジットカードを作って利用していれば、その支払い履歴が信用機関に残ります。この履歴をクレジットヒストリー、通称クレヒスと言います。

過去に一切クレジットカードを使っていないと、クレヒスが信用機関にありません。延滞情報がないなら良いんじゃないの?と感じたかもしれませんが、そうではないんです。

履歴が一切ないと、「その人がカードを使った際に、支払いを正しく行ってくれる保証はないため危険」という判断がなされてしまいます。

結果として、仮に属性などに問題がなくてもクレジットカードの発行を拒否されてしまうことがあるのです。

クレヒスがない場合の解決策は簡単、クレヒスを作ることです。

クレジットカードを発行できないのにどうやって?と思ったかもしれませんがクレヒスは実はクレジットカードの利用以外でも作れます。

携帯電話を分割購入して、その料金を毎月支払えばそれだけでひとまずクレヒスに支払い情報が残ります。

またもう一つの方法は、審査のハードルが低いとされるアコムACマスターカードなどを発行して毎月利用・支払いを行っていく方法ですね。

クレヒスをある程度積み重ねたら、再度オリコカードの発行に挑戦してみると良いでしょう。

まとめ

オリコカードの審査に落ちてしまった場合、まずは自分の属性の改善やクレヒスの積み重ねを行うことで、審査に落ちてしまった原因を解消していくことが大事です。

落ちてから半年程度経ったらひとまずアコムACマスターカードを申し込み、審査を受けてみましょう。もしかしたら、無事に発行できるかもしれません。

そしてアコムACマスターカードを無事に発行できたら、着実にクレヒスを積み重ねたうえでまたオリコカードの発行に挑戦してみても良いですね。

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)