楽天カード

比較的審査が緩いと言われている楽天カードの審査に落ちてしまった…。「原因を知りたい!」と思っている方は多いのではないのでしょうか?

ここでは、楽天カードの審査に落ちた原因と、その後の対処方法をご紹介しています。審査落ちを無駄にしないよう、何が理由になったのか、その後どうすればいいのかを確認してみましょう。

楽天カードの審査に落ちたら「アコムACマスターカード」

アコムACマスターカード

クレジットカードがないと困る!という方は、「アコムACマスターカード」を検討しましょう。

アコムACマスターカードには、楽天カードのようなポイントシステムはないのですが、そのぶん審査が柔軟で、即日発行にも対応しています。

審査通過後は、日本全国にある「むじんくん」でカードを受取り、すぐに利用を開始できます。国際ブランドは Master Card なので、ほとんどのお店やネットショップで利用することができます。

すぐにクレジットカードが必要な方にとっては非常に魅力的なカードです。

アコムACマスターカード公式サイト 発行はこちら(無料)

クレジットカードの審査は、クレジットカードを持っていないよりも、1枚でもカードを持っているほうが審査に通りやすくなります。

楽天カードの審査に落ちた場合は、次回の審査までに他のクレジットカードを作っておくと審査で有利になります。しかし、楽天カードよりも審査が厳しいクレジットカードに申し込んで、また落ちてしまっては意味がありません。

まずは審査に通りやすいクレジットカードを選んで、無事発行することが先決です。アコムACマスターカードを持っておけば、その後のクレジットカード審査も多少楽になります。

返済能力に問題がなく、申し込み情報の誤りなどで審査落ちした方であれば、アコムACマスターカードの審査に通る可能性は充分あります。

アコムACマスターカード公式サイト 発行はこちら(無料)

どうして楽天カードの審査に落ちてしまったのか

楽天カードも他のクレジットカードも同じですが、審査に落ちた具体的な理由は教えてくれません。理由が知りたいのであれば、自分で可能性のある原因を探る以外に方法はありません。

ここでは、審査落ちの原因となりやすい事項をまとめました。自分が該当していないか確認してみましょう。クレジットカードの審査に落ちる理由は1つではありません。人によっては、2つ、3つ該当する可能性もあります。

利用実績(クレヒス)がない

クレジットカードでの審査で重視される項目の1つに、「利用実績」が挙げられます。これは、クレジットカードヒストリー(クレヒス)とも呼ばれます。

もし、あなたが今までの人生でクレジットカードを利用したことがないとしたら、利用実績(クレヒス)が全く存在しないことになります。

このことを、ブラックリストの反対として「スーパーホワイト」と呼びます。

スーパーホワイトの方は、年齢を重ねれば重ねるほど、審査に落とされやすくなる傾向があります。特に30代半ば以降は、より審査が厳しくなります。

理由は、カード会社が返済能力を確かめることができないからです。

年収500万円あっても、現金払いでたくさん支払いをしていて、手元にお金が残っていない人もいます。仮にこうした人にクレジットカードを発行したとしても返済してくれるかどうかわかりません。

年収200万円しかなくても、返済実績のクレヒスがある方の方が審査には通りやすいのです。

過去に返済遅延があった

一般的にクレジットカードの審査では、年収や勤続年数などが重視されると考えられがちですが、公共料金などを滞納せず支払ってきたかも同じくらい重要です。もし滞納したことがあれば、審査に落ちる可能性は高まります

住宅ローンや自動車ローンなどのローンの返済、それに奨学金、消費者金融で、一定期間以上の返済遅滞があれば、信用情報機関に登録されることとなり、審査に落ちる原因になります。

自己破産はもちろんのこと、任意整理などを過去5年以内にしていれば、楽天カードに限らずクレジットカードの審査に通過することはないでしょう。

携帯電話料金であっても、支払い遅滞があれば、楽天カードの審査に悪影響となります。携帯電話の本体を分割払いにしている場合、ローンに該当します。たかが携帯電話料金と思いがちですが、滞納してしまうと「ローンを滞納しているのと同じ」とみなされます。

故意に滞納したことだけでなく、うっかり支払いを忘れてことも審査にマイナスに影響します。

前回の審査から6ヶ月経過していない

楽天カードを過去6か月以内に申し込んで審査に落ちた方は再度審査に落ちる可能性が高いです。立て続けに申し込みをすれば、困窮にある状態とみなされてしまい審査に落ちてしまいます。短い期間で連続して申し込んでもいい結果になることは少ないです。

他社からの借入が多い

クレジットカード会社は審査の際、信用情報機関を照会しあなたの借入状況を確認します。他社のクレジットカードでのリボ払いや、カードローンの借入金額が多ければ、審査に通過する可能性は低いです。

申し込み資格がなかった

もしあなたが18歳以上でなければ、いくら年収があろうと楽天カードの申し込んでも審査に通過することはありません。年齢を偽っても審査で発覚しますので申し込みが無駄になってしまいます。

ただ審査に落ちるだけなら問題ないですが、虚偽の申し込みを行ったことも、信用機関に登録されるので、今後クレジットカードを作ることが不利になります。

楽天銀行カードを持っていた

楽天銀行カードと、楽天カードは2枚持ちできません。もし楽天銀行カードを保有しているのであれば、楽天カードを持つことは不可能です。

楽天銀行カードは、キャッシュカードとクレジットカードが1枚になったカードです。楽天銀行カードを持っている方は、楽天カードを持っているのと同じですので、楽天カードを発行してもらことができません。

楽天銀行カードはJCBしか選べないので、他の国際ブランドが欲しい方、楽天銀行を使わない方で、楽天カードを作りたい方は、楽天銀行カードを解約した上で、楽天カードを申し込む必要があります。

ポイントサイトを経由して申し込んだ

楽天カードに限らず、ポイントサイトを経由のカード申し込みは審査が厳しくなります

ポイントサイトからの申し込みは、ポイント目当ての方が多く、発行しても使われないことも多く、カード会社のメリットになりません。

また、ポイント獲得に励んでいる方は、年収が低い傾向にあり、返済能力も高くなく、カードを発行すること自体がリスクになると受け取られがちです。

楽天としては、ポイント目当てでなく、楽天カードを利用してくれる人が欲しいのです。ポイントサイトを経由してきた申込者よりも、楽天カードを本当に必要としている人に加入してもらいたいわけです。

審査に落ちた際にポイントサイトを利用していたのであれば、再度6ヶ月経過後にポイントサイトを経由しないで申し込みをしてみましょう。落ちた時よりも審査に通過する可能性は高くなります。

楽天カード審査落ち後の3つの対処方法

審査落ち後の選択肢は3つです。

  • クレジットカード作成を諦める
  • 期間をおいて、再度楽天カードの審査を受ける
  • 他社のクレジットカードにする

知らない方は多いのですが、審査に落ちても、6ヶ月程度期間を開ければ再度同じカードに申し込むことができます。

「6ヶ月も待っていられない!」と感じる方は、アコムACマスターカードなど、他のクレジットカードを検討する必要がでてきます。

クレジットカードが必要なのであれば、諦めるという選択肢はありえませんよね。そうなると、期間を開けるか、違うカードにするか、実質2択となります。

「個人信用情報 開示請求」で審査落ちの理由を探る

楽天カードに落ちた理由をどうしても知りたいのであれば、「個人信用情報 開示請求」によって、おおよその理由を推測することは可能です。

クレジットカードの場合は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社 日本信用情報機構(JICC)が信用情報機関に相当します。

クレジットカードの申し込み履歴、利用期間、支払い履歴などを開示請求によって知ることができます。その他ローンの返済履歴、借入状況なども照会可能です。

滞納履歴も参照できるので、審査に落ちたおおよその理由を知ることができます。ただし、あくまで推測するための情報であって、正確な理由を知ることはできません。

開示請求によって得た情報もとにカード会社に問い合わせても、審査落ちの理由を教えてくれることはありません。

まとめ

楽天カード審査落ちの理由は人によって違います。落ちたことは仕方がないので、どうすればいいのか考えましょう。

クレジットカードを持っていない方は、まずクレヒスを作ることが重要です。年収はすぐに改善することは難しいかもしれませんが、クレヒスであればすぐに改善することができます。

まずは、クレヒスを作るために「アコムACマスターカード」を発行してクレヒスを作ってしまいましょう。

クレヒスなしで再度楽天カードに申し込んでも落ちる可能性は高いままです。アコムACマスターカードでクレヒスを作っておけば、楽天カード再申し込みの際、審査に通過する可能性は格段に高くなります。

アコムACマスターカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)