高速道路

普通の一般道路よりも早く遠くの目的地へたどり着ける便利な高速道路。高速道路をよく利用するなら、持っておきたいのがETCカードですよね。

ETCカードは、クレジットカードの追加カードとして発行するのが一般的です。

そんな中、クレジットカード発行に抵抗があって、先払いの「プリペイド式ETCカード」があればそれを使いたいと感じている方も多いかもしれません。

しかし、残念ながらETCカードに「プリペイド式」はありません。

※プリペイドに近い「ETCパーソナルカード」と呼ばれるカードもありますが、年会費がかかったり、高額なデポジットが必要だったりするのでまったくおすすめできません。

ETCカードが発行できるクレジットカードは、下記でご紹介しています。

ETCカードの作り方!年会費無料おすすめクレジットカードランキング

それでは、ETCカードにプリペイド式がない理由と対処方法について解説します。

ETCカードにプリペイド式カードはない

ETCカードには、プリペイド式のカードが存在しません。主流はクレジットカードのサブカードとしてETCカードを発行し、クレジットカードと請求をまとめる方法です。

プリペイド式のカードに高速道路の料金を先に入金してETCを使えれば確かに便利でしょう。でも残念ながら、プリペイド式カードが存在しない関係上この夢は叶いません。

具体的にプリペイド式のETCカードがない理由については明かされていませんが、理由は十分に考えられますね。

おそらく理由は、ETCを通る段階で残高が不足して止められてしまうと後続車両に迷惑がかかることでしょう。

スムーズに通過できるのがETCのメリットなのに、プリペイドで入金を忘れる利用者が多いとメリットがなくなってしまう恐れがありますよね。

ETCカードを車にずっと装着している関係上、プリペイド式のETCカードが存在した場合入金忘れのトラブルは起こりやすいと考えられます。

先払いのプリペイド式よりも後払いになるクレジットカード払い式でETCカードを使えた方が、利用者にもETCを発行する側にも便利なわけです。

なおETCカードにプリペイド式のものはありませんが、実はクレジットカードなしでETCカードを使う手段自体はあります。

追加カードとしてETCカードを発行できるクレジットカードの利用に抵抗を感じていて、できれば他の方法でETCカードを使いたいと考えている人は続きを読み進めてみてください。

クレジットカードがない場合、ETCパーソナルカードを使う手もある

「ETCパーソナルカード」を利用すれば、実はクレジットカードがなくてもETCを通過することが可能となります。

ETCパーソナルカードとは、高速道路6会社が共同で発行している特別なETCカード。日本全国の高速道路を、ETCパーソナルカードで通過できます。

しかしながらこのETCパーソナルカード、使い勝手がすこぶる悪いのです。詳しくチェックしてみましょう。

ETCパーソナルカードは、平均利用月額の4倍分「デポジット」を預けなければ使えない

ETCパーソナルカードは、自分の銀行口座から後日高速道路の利用料金が引き落とされるしくみのETCカードです。

ただ口座振替になるだけなら便利ですが、そうではありません。実はETCパーソナルカードを使うためには、「デポジット」を預ける必要があります。

デポジット金額はなんと、「平均利用月額の4ヶ月分」に設定されています。ちなみに最低でも、2万円のデポジットが必須です。

例えば月に1万円ほど高速道路で支払っている人は、4倍の4万円をデポジットとして預けなければいけません。

解約をすればデポジットは返金されますが、解約するまではずっとデポジットを預けなければいけないシステムなのが不便です。

平均利用月額が増えるにつれてデポジットとして回収される金額も増えていき、さらにデポジットの増額に応じなければ強制解約。利用者に対して、徹底的に厳しい仕様です。

もちろん別途高速道路の通行料金もかかってきますし、これではとても利用できないと感じたのではないでしょうか。

ETCパーソナルカードは手続きも手間がかかり、おすすめできない

普段使っていくのも大変なETCパーソナルカードですが、それだけではありません。利用開始までの手続きも面倒です。

紙の書類で申込書を入手してから記入し、デポジットを振り込んでから2週間ほどでようやくETCパーソナルカードが届きます。

申し込んでからすぐに使えず、手順が多いのもETCパーソナルカードのデメリット。はっきり言って、おすすめできません。

もっと手軽かつ無駄な負担もなしでETCカードを使いたいなら、おすすめはクレジットカードの追加カードとしての利用です。

クレジットカードなら、年会費・手数料無料で手軽にETCカードを使える!

ETCプリペイドカードでなくクレジットカードの追加カード(サブカード)として発行するなら、ETCカードは手軽に申し込み・利用開始できます。

クレジットカードの種類によってはETCカードの年会費や発行手数料がかかることもありますが、完全無料で利用できるものもあります。

クレジットカードの年会費自体が無料に設定されているカードも、たくさんありますよ。

クレジットカードにETCカードを追加する際の発行手続きの流れや、ETCカード発行におすすめのクレジットカードをチェックしていきましょう。

発行手続きはウェブで完結!デポジット不要で使い始めやすい

クレジットカードの発行後に追加カードとしてETCカードを発行するなら、基本的に申し込み手続きはウェブサイト上のマイページで簡単な手続きをするだけでOKです。

ETCカードが届くまでの日数は数日〜数週間とカードごとに異なりますが、届けばもちろんすぐに利用可能。すぐにETCカードを発行したいなら、発行日数が短いものを選べばOK!

当然ながらデポジットも一切必要なしで、らくらくです。そのためETCカードを使っている人のほとんどは、クレジットカードで追加カードとして発行しているわけですね。

またセゾンカードインターナショナルなど、クレジットカードを申し込む際にセットでETCカードを申し込めるものもあります。

発行したクレジットカードをETCカードでしか利用しないとしても問題なし。利用料金の支払いは後日口座振替によって行われ、ETCパーソナルカードと変わりありません。

ETCカードを使うなら、クレジットカードのサブカードで発行するのがベストです。

ETCカードの年会費が無料・発行手数料もかからないクレジットカードの例

本カード・ETCカードともに年会費の負担なしでETCカードを発行できるクレジットカードの例を、2つほど紹介します。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは年会費永年無料、申し込み時にETCカードもセットで申し込めます。

本カード発行後にETCカードが必要になった際は、各地のデパート等に用意されている「セゾンカウンター」に本人確認書類とカードを持参すれば即日発行することも可能です。

イオンカード

全国のイオンで20日・30日に5%オフで買い物できるなど便利に使えるイオンカードでも、年会費・手数料無料でETCカードを追加できます。

イオンカード自体の年会費も、もちろん無料。イオンで買い物をする機会が多い人は、イオンカードでETCカードを発行するのも良いでしょう。

まとめ

今回は、ETCカードにプリペイド式がない理由と対処方法を紹介しました。

ETCパーソナルカードはETCを快適に通過できるとはいえ、それ以外は手間も負担もかかってしまうため不便さが目立ちます。

しかし年会費や発行手数料無料でETCカードを追加できるクレジットカードなら、負担なく快適にETCカードを発行できますよ。

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 楽天カード

楽天カード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

 

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)