楽天カード_新デザイン

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

クレジットカードを申し込む際には、必ず審査があります。個人の年収や勤務先の情報、過去のクレジットカード/カードローンの利用履歴など審査基準は多岐に渡ります。

その中でも誰もが気にする点は、在籍確認ではないでしょうか?

カード会社であることを伏せたり、個人名で連絡してもらうことができる在籍確認ですが、いきなり職場や自宅に個人名で電話がかかってきても、同僚や親に不審に思われて何か気まずさもありますよね。

スムーズに電話を引き継げる環境なら良いのですが、職場によっては、電話を引き継げなかったり、外部からの電話を受ける環境が無かったり、クレジットカードを発行する弊害となってしまうことも珍しくありません。

さらに、実家暮らしの場合は、いくら個人名での電話と言っても親や親族が電話をとってしまう可能性が高いですし、カード会社から在籍確認の電話を受け取ることは避けたいですよね。

今回は、サラリーマンだけでなく学生や主婦、アルバイトやパートの利用者も多く、非常に人気の高い楽天カードの在籍確認に焦点を当てて解説していきます。

これから楽天カードを作ろうと考えている方は、是非参考にしてみてください。

楽天カードは在籍確認がない

結論から言うと、楽天カードに在籍確認はありません。

一般的なクレジットカードは、JICC(日本信用情報機構)、CIC(個人信用情報機関)という2つの信用機関に他のカードや信用情報を照会したうえで、審査を行い、個人の信用を確認する意味も込めて、在籍確認もおこないます。

楽天カードもJICC、CICの2つの信用機関への照会はおこないますが、在籍確認は省略しているようです。ではなぜ、楽天カードは在籍確認をおこなわない方針なのでしょうか?

その理由は、テレビCMやインターネット上の広告など、積極的に広告を出して会員数を獲得する方向性が高いカードとも言われており、顧客を獲得するためにも少しでもハードルを下げるという意味も込めて、在籍確認は通常行わない方針が関係しているようです。

この点は、他のカードに比べて会員数が多い楽天カードの特徴の1つでもありますね。在籍確認が心配で楽天カードの申し込みをためらっていた方は、心配無用! 気にせず申し込みましょう。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

楽天カードの在籍確認があるパターンを徹底解説!

楽天カードの在籍確認はありませんが、一部例外として在籍確認が必要な場合があります。

この例外に当てはまる場合には、担当者から事前に在籍確認の確認がある旨の説明がありますし、都合が悪い場合にはもちろんお断りできます。

抜き打ちで在籍確認がおこなわれるようなことは、ありませんので、その点は安心していただいて問題ありません。

では、さっそく在籍確認があるパターンを見ていきましょう。

申し込み書類の記入ミスがあったとき

クレジットカードの発行には、氏名、年齢、生年月日、住所に加えて勤務先情報や年収額など、複数の個人情報が必要です。

特に、自宅の住所や勤務先住所の記入ミスを1度でもしてしまうと、本来必要のなかった在籍確認が必要となる場合があります。

クレジットカード会社としても、誤った住所にカードを発送する訳にはいきませんので、その点はしっかりと確認してきます。このことを念頭において、書類の記入には情報の誤りがないように、誤字・脱字にも注意して慎重に記入しておきましょう。

また、カード発行後に引越しや転職をした場合には、カード会社に報告が必要です。カード会社から情報が一致しないと言われてから申告をしても、別途、在籍確認の必要性が出てきてしまう恐れがあります。

不要な在籍確認を無くするために、書類の記入ミスを無くするようにしましょう。また、申込時の情報に変更があった場合は、こまめにクレジットカード会社に報告することが必要ですね。

ご利用可能額の金額が大きい場合

楽天カードのご利用可能額の限度は100万円です。

さらにランクが上のカードとして、楽天ゴールドカードは限度が200万円、楽天プレミアムカードは限度が300万円となっています。

カード発行時に10万円~30万円程度のご利用可能額が低い場合は、特に心配する必要が無いのですが、ご利用可能額が大きい場合に注意が必要です。限度額に近ければ近いほど、慎重な審査がされます。

これは、楽天カードに限らず他のカードでも同じことが言えますが、100万円を超えるご利用可能額での審査においては、在籍確認は有ると考えておいたほうがいいでしょう。

金額が大きいほど、カード会社としても個人の信用情報を重視する傾向がありますので、最終的な審査結果を出すためにも、在籍確認をおこなっているようです。

もし、限度額が100万円以上を希望する場合には、在籍確認があると心の準備をしておく必要があると言えるでしょう。

過去にクレジットカードやカードローンを使ったことがない場合

先にご紹介したJICC、CICの2つの信用機関ですが、ここで照会される情報に関して、カード会社間で共有されています。

この情報をもとに、過去に毎月の支払いや返済をしっかりおこなっているかどうか確認するのですが、はじめてクレジットカードを利用する場合は、この情報が真っ白な状態です。

カード会社としては、毎月の返済を滞りなくおこなわれるか、目安が無い状態となっています。可能性は低いですが、信用情報照会のための在籍確認がおこなわれる場合があるということも覚えておきましょう。

ただし、これもカードのご利用可能額が大きい場合に限った話ですので、10万円~30万円という低い限度額でカードを利用する方は、心配する必要は無いです。

カード申し込み者が未成年の場合

楽天カードは18歳以上であればだれでも申し込み可能ですが、未成年者がクレジットカードを発行するためには、カード会社の規約によって保護者の許可をとることが必要になっています。

これは未成年者が親に隠れてカードを発行したり、他のものがカードを悪用することを防ぐための規制になっていますので、この場合の在籍確認を回避する方法はありません。

未成年者の楽天カード発行時は、100%在籍確認を伴いますので、事前に親に許可をとってから、在籍確認の電話がある旨も説明しておきましょう。

カード会社から電話があった際に、親の承諾を得られなければ、ほぼ審査が通ることはなく、カードを発行することはできませんので、事前に親の了承を得ておくことは重要です。

まとめ

楽天カードの在籍確認について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

在籍確認はクレジットカードの審査において、非常にネックになる部分ですが、今回ご紹介した楽天カードにおいては、一部例外を除いて在籍確認はありませんので、この点は安心していただいて問題ありません。

例外に当てはまる場合として、万が一在籍確認が必要な場面が出るとすれば、「書類の記入ミスがある場合」、「限度額が大きい場合」、「過去にクレジットカード/ローンの利用が無い」、「未成年の場合」が挙げられますので、事前に覚えておくと良いですね。

在籍確認の基本的な流れとしては、申し込み時に、形式的にカード会社の担当者から在籍確認をおこなって良いか尋ねられますが、希望しない旨を伝えることによって回避が可能です。

職場や自宅の環境によっては、在籍確認が難しいといった場合でも、楽天カードの場合はこの点特に心配せずに、カードを発行できる可能性が高いですので、安心してカード発行のためのお申し込みを進めることができますね。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)