レンタカーは、気軽に車を借りて出かけられるので便利ですよね。自分の車は持っていないけれど、レンタカーになら乗る機会がある方も多いでしょう。

そして、近々レンタカーで高速道路に乗って遠くへ出かけたいと考えている方もいるのではないでしょうか。電車では行きづらく、車で目的地に向かいたいことだってあるものです。

ところで、レンタカーで高速道路を利用するに当たって気になるのがETCカードを使えるのかどうかですよね。

できればETCカードをつかって、スムーズかつお得な料金で料金所を通過したいものです。今回は、レンタカーでのETCカードの使い方について詳しく解説します。

ETCカードは、レンタカーを借りる際に合わせてレンタルすることも可能

まず先にETCカードについての結論から説明しますと、レンタカーを借りる際は合わせてETCカードもセットで借りられる場合があります。

ただし、すべてのレンタカー会社がETCカードのレンタルに対応しているわけではありません。中には対応していない会社もあるので、注意が必要ですね。

もしも車を借りる予定のレンタカー会社でETCカードをレンタルできない場合は、自分でクレジットカードの追加カードとしてETCカードを用意することとなるでしょう。

気になるレンタルETCカードの利用料金や支払い方法ですが、各社バラバラです。トヨタレンタリースを例に説明すると、300円(税抜)でレンタルできます。

ETCを使って高速道路を利用した料金は、レンタカーの利用料金と合わせて精算するか単体で精算するかに分かれています。

レンタカーでICチップに記録された情報をもとに精算するため、稀に適用できない通行料割引などが発生することもあるので注意が必要ですね。

またレンタルのETCカードは各社いずれもカードの枚数に限りがあるため、タイミングによっては運悪くETCカードをレンタルできないこともあります。

結局のところETCカードをレンタカー会社で借りたところで通行料金はそのまま取られますし、もちろんカードのレンタル料金も多くの会社では発生します。

正直、レンタルのETCカードをあえて使うメリットは薄いです。

そのためどうせなら、自分で所有している、あるいは発行したクレジットカードの追加カードとしてETCカードを発行して、レンタカーの車載器に入れて使うのがおすすめですね。

クレジットカードの中には、年会費や発行手数料無料でETCカードを発行できるものもたくさんあります。仮に年会費等がかかるとしても、通行料金の割引で十分補えますよね。

また自分でETCカードを用意するなら、クレジットカードの種類によっては利用料金に応じたポイントを貯めることもできてお得です。

ちなみにETCカードを即日発行できるクレジットカードもあるので、対応するクレジットカードを持っていた場合、急な旅行の際は即日発行を利用してみても良いでしょう。

年会費無料おすすめETCカード徹底比較ランキング

レンタカーで高速道路に乗る場合、ETC車載器は基本的に標準搭載

ETCカードをレンタカーで使う場合にもう一つ気になるのが、そもそもETCを使うための車載器がレンタカーに搭載されているかどうかでしょう。

ニッポンレンタカーやオリックスレンタカー、トヨタレンタリース、ニコニコレンタカーなど、大手のレンタカーではETC車載器が標準搭載となっています。

つまりレンタカーでもETCは使えるので、安心ですね。またタイムズのカーシェアリングでも、ETC車載器はバッチリ搭載されています。

ただし各社でレンタルする車の車種や大手ではないレンタカーを利用する場合など、稀にETC車載器が搭載されていないこともあります。

レンタカーを借りるときは、念のため事前にしっかりETC車載器が搭載されているか確認しておくのがおすすめですね。

ETCカードはできれば自分で用意した方が良いですが、車載器については基本的にレンタカーに搭載されているため、わざわざ買って用意する必要はないでしょう。

レンタカーと合わせてETCカードを借りる方法や事前準備は?

いくつかのレンタカー会社を例に、ETCカードの貸し出し方法や事前準備、返却時の精算手続きについて解説します。

各社で概ねETCカードレンタルのシステムは共通しています。

トヨタレンタリースの場合

トヨタレンタリースでETCカードを借りたい場合は、レンタカーを借りて出発する店舗に問い合わせを行いましょう。

問い合わせをした際にETCカードの在庫があれば、借りることができます。利用料金は、300円(税抜)に設定されています。

店舗によってはETCカードの貸し出し自体を行っていないこともあるので、対応していなかった場合は残念ながら利用はできません。

ETCカードを借りる際にとくに用意するものはありませんが、借りる際に「ETCカードレンタル利用同意書」に同意する手続きが必要です。

なおETCカードの利用料金は、レンタカーの利用料金と一括精算となっています。

ニッポンレンタカーの場合

ニッポンレンタカーでETCカードを借りる場合も、とくに事前準備は不要です。利用料金は300円(税抜)、ただし8日間以上借りる場合は1,000円(税抜)となっています。

ETCカードを借りる際は営業所や予約センターで予約をする際に、ETCカードも合わせて利用したいと説明だけしておけばOKです。

なお事前に申し込みを行わなかった場合は、在庫がある時にのみETCカードを借りられます。ETCカードを確実に使うなら、予約の際にしっかり説明しておいた方が良いでしょう。

ETCカードをレンタルする際には、「ETCカードレンタルサービス注意事項」を確認後署名が必要となります。

ニッポンレンタカーにおけるETCカードの利用料金は、IC チップをもとにデータを印字してから現金かクレジットカードで支払う仕組みです。

オリックスレンタカーの場合

オリックスレンタカーでは、なんとETCカードを無料で借りることができます。利用できる店舗は、五井、木更津、茂原、蘇我、臼井です。

しかも貸し出し手続きは、ホームページからレンタカーを予約する場合ETCカードの貸し出しを「希望する」にチェックするだけでOKです。

ただし電話や店頭でETCカードを予約する場合は、直接借りたいと説明しましょう。

なおオリックスレンタカー以外の店舗に乗り捨てをする貸し出しや宅配レンタカーの場合は、ETCカードはレンタルできないことに注意が必要です。

ETCカードの利用料金は、返却時に店頭で支払います。現金かクレジットカードで支払い可能、領収書も発行可能です。

日産レンタカーの場合

日産レンタカーでは300円(税抜)で、ETCカードを借りられます。

クレジットカードで利用料金を支払う人か「ゴールド会員」のみが、クレジットカード払いに対応しています。利用料金は、レンタカーの利用料と一括精算です。

電話で車を借りる店舗や予約センターに問い合わせることで、ETCカードを借りられます。なお最大レンタル期限は、2週間に設定されています。

返却は借りた店舗でなくてもOKなことも、日産レンタカーのETCカードレンタルのメリットです。

ETCカードを借りられないケース

最後に、レンタカーを借りるときにETCカードを借りられないケースをまとめます。

これらのケースに当てはまってしまいETCカードを借りられない際は、クレジットカードの追加カードとして自分でETCカードを発行した方が良いでしょう。

借りる車の種類によってはETCカードや車載器を借りられないこともある

レンタカー会社各社によって内容は異なりますが、借りる車の種類によってはETCカードのれんたるや車載器の搭載に対応していないこともあります。

レンタカーでETCカードを借りて使いたい場合は、ETCカードの貸し出し利用に対応した車を選んでレンタルしましょう。

店に在庫がないと、ETCカードは借りられない

ETCカードは、当然ですが数に限りがあります。店舗によって、ETCカードの在庫数はバラバラ。また日によってもまちまちです。

店に在庫がなければETCカードはどうあがいてもレンタルできないので、油断はしない方が良いでしょう。もしかしたら、借りられない可能性だって十分にあります。

契約形態によっては、ETCカードのレンタルに非対応なことも

レンタカーを借りる際、契約形態によってはETCカードを貸してもらえないこともあります。

ETCカードを借りる場合、多くのレンタカー会社では車の返却時にあわせてETCカードの利用料金もし払うしくみを取っています。

つまりレンタカー会社の店舗にしっかり戻らないタイプのレンタル形式を選んだ場合などは、ETCカードを借りられない可能性があることを覚えておきましょう。

当然ながら契約への同意も必須

ETCカードをレンタルする際は、トヨタレンタリースやニッポンレンタカーなど、契約書への同意も必要となってくる場合があります。

同意しなければ当然ETCカードを借りることはできません。こちらも、合わせて注意しておきましょう。

まとめ

今回は、レンタカーを借りる際のETCカードについて解説しました。

大手レンタカー会社なら基本的に車載器が車に取り付け済みで、あとはETCカードを入れるだけ。ETCカード自体も、借りられるレンタカー会社が多数あります。

ただしETCカードを使う場合はレンタル料金がかかってしまうレンタカー会社が多いため、できればETCカードはレンタルではなく自分で用意したいところでしょう。

様々なクレジットカードで追加カードとしてETCカードを発行でき、対応していれば利用料金に応じてポイントも貯められます。

レンタカーで高速道路に乗る場合は、ETCカードをレンタルするか自分で用意するか、あらかじめ検討しておきましょう。

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)