オリコカード

クレジットカードを持つ以上は、賢くポイントを貯めてお得に利用していきたいですよね。数あるクレジットカードの中でもお得にポイントが獲得できる、代表的なカードとして挙げられるのがオリコカードです。

ポイント還元率0.5%のクレジットカードが多い中、オリコカードはポイント還元率1%以上のため高還元率カードとして知られています。

オリコカードは通常の買い物でもポイントが貯まりますが、

バイルSuicaにチャージする際もポイントが貯まります。また、西日本エリアで使われているスマートicocaへのチャージ時も同様にポイントが付与されます。

オリコカードは入会後6か月間はオリコポイントが2倍になることから、入会時、入会後もお得なカードとして知られます。クレジットカード、ETCカードともに年会費無料という点もカード利用者が多い理由の1つでもあります。

 今オリコカードを作ると8,000円分のポイントがもらえます!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

今回は、オリコカードを使ってモバイルSuicaへチャージするメリットとお得な使用方法について解説していきます。iPhone、Androidと使っている端末によって操作方法が異なりますので、今回は2パターンに分けてご紹介しますの。これからモバイルSuicaデビューの方は参考にしてみてください。

iPhoneでオリコカードを使いモバイルSuicaへチャージする方法

iPhoneでは基本的に、Apple社から提供されている決済サービスiPhone Apple Pay(アップルペイ)を経由する、アップルペイにあらかじめインストールされている、「Walletアプリ」もしくは、別途インストールして使用できる「Suicaアプリ」を利用します。

 Suicaアプリについては、端末にアプリケーションをインストールするときに必ず利用するApple storeから“Suica”と検索することで表示されてきますので、簡単にインストールが可能ですので、無料で利用できます。

 基本的にどちらを選んでも良いのですが、Walletアプリの場合は、VISAブランドの登録ができないため、VISAを登録したい場合には、Suicaアプリが必須です。

※2018年3月29日でVISAの申し込みができなくなりました。これ以降にオリコカードを発行される方は、MasterCard、JCBの2択になります。

最終的に2つのうちのどちらかのアプリにオリコカードを登録して、Suicaにチャージをすることで【100円ごとに1ポイント】のオリコポイントの獲得ができます。

Suicaは交通系電子マネーとして日本で1番利用者が多いもので、JRの乗降時やコンビニ・飲食店など様々な場面で頻繁に利用される特徴がありますので、オリコカードからのチャージを行うだけでポイントを獲得できるのは、非常に効率を良くポイントが貯まると言えるでしょう。

Androidスマホでオリコカードを使いモバイルSuicaへチャージ

AndroidでモバイルSuicaを使う場合は、google playよりモバイルSuicaアプをインストールする必要があります。

google play で“Suica”と検索すると表示されますので、インストールしましょう。モバイルSuica内でチャージする際にオリコカードを使うことで、「100円ごとに1オリコポイント」獲得できます。

Suicaへのチャージ時にオリコカードを使うだけでポイント獲得ができ、初めてのご利用でも比較的簡単に操作ができるものになっているのも嬉しい要素の1つです。

モバイルSuicaでは、利用状況をスマートフォンからリアルタイムで閲覧できること、いつでもチャージできること、利用履歴が簡単に確認できるなど様々なメリットがあるので、1030円の年会費を払う価値は十分にあります。

交通系電子マネーはカード型になっていて、毎回の通勤通学時に財布から取り出したり、使用頻度が高いことから、紛失が多いのが現状です。

モバイルSuicaを利用することで、万が一カードを紛失しても端末にデータが残っているので安心ですし、カードを持たずしても端末だけでも利用できますので、利便性の高さも人気の理由です。

Androidスマートフォンの場合、 iPhoneと違いモバイルSuicaの年会費が1030円かかります。

オリコカードではモバイルSuicaにオートチャージできない

モバイルSuica上でチャージする方法は、「手動チャージ」と、残高が一定金額を下回った際に自動でチャージされる「オートチャージ」の2種類があります。

オートチャージは名前の通り、自動でチャージしてくれる便利な機能ではあるのですが、オリコカードではオートチャージ機能が利用できません。

モバイルSuicaにオートチャージできるのはクレジットカードは1枚のみ、JRが発行している「ビューカード」だけになります。ビューカードはモバイルSuicaへのオートチャージもポイント付与の対象となっています。ビューカードはJRが発行するクレジットカードですから、自社サービスならではですね。

オリコカードはもちろんのこと、他のどのクレジットカードを利用していても、モバイルSuicaの残高はスマホアプリ上からリアルタイムで管理することができます。残高をチェックしつつ、随時チャージしていくようにすれば、オートチャージが利用できなくてもそこまで大きな問題ではありません。

まとめ 

オリコカードでモバイルSuicaにチャージして、ポイントを獲得する方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

iPhone、Androidのデバイスによって、インストール方法は異なるものの、モバイルSuica自体の使用方法やチャージに関しては一緒ですので、端末を変えても引き続き利用できる点は安心できますね。

AndroidのモバイルSuicaに関しては年会費として1030円が掛かりますので、利用開始時に料金がかかるという点だけは覚えておきましょう。

また、オリコカードの100円ごとに1ポイントという還元率は、多数あるクレジットカードの中での高還元率と言えますし、ポイントの交換は、アマゾンギフト券、iTunesギフト券をはじめとする実用性の高いものへの交換が可能と言う点も嬉しい要素です。

毎日JRの電車を乗降する方や、コンビニ、スーパーでSuicaを利用する方にとっては、チャージするだけでポイントが貯まるというのは、非常に効率が良いですね。

日々の生活でSuicaを多用しているという方にとっては、ひと手間賢く利用するだけでポイントをGetするチャンスですので、この機会にオリコカードを発行してみてはいかがでしょうか。

既にSuicaモバイルを使っているという方にとっても、オリコカードはオススメのカードの1つです。

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)