ライフカード

ライフカードは高還元のお得なカードで有名ですが、モバイルSuicaを使用している人にとっては、ライフカードを使ってチャージした場合にポイントが付くのかどうか気になりますよね。

結論から言うと、ライフカードを使ってモバイルSuicaにチャージした場合でも、1000円ごとに1LIFEサンクスポイントがつきます。また、西日本エリアで使われている SMART ICOCA へのチャージでもポイントを貯めることができます。

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカードですが、モバイルSuica、SMART ICOCAへのチャージでも同様にポイント還元率が3倍になります。誕生月に翌月分もまとめて一気にチャージすれば、ポイントを大量に獲得することができます。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

モバイルSuicaが使えるスマートフォン

ライフカードを使ってモバイルSuicaを使用したいと思っている方の中には、まだモバイルSuicaを使用したことがなく、これから使用していきたいと考えている方もいらっしゃいますよね。

もうすでにモバイルSuicaを使用している方でしたら問題ありませんが、これからの方はせっかくライフカードを発行しても、今使っているスマートフォンがモバイルSuicaも対応で使用できなかったら意味がないですよね。

ここでは、まずはiPhoneを使用している方に向けて、どの機種がモバイルSuicaに対応しているのかを説明をし、その後どのようにしてモバイルSuicaを使用するのかについて説明していきます。

iPhoneでの使い方

対応機種ですが、現在はiPhone8、iPhone8 Plus、iPhone X、iPhone 7、 iPhone 7 Plusの5種類が対応しています。そのため、上記の機種をお使いの方でしたらモバイルSuicaを使用することができます。

iPhoneを使ってモバイルSuicaを使用する場合は、Apple標準アプリのWalletアプリで登録する方法と、Suicaアプリをインストールして使用する方法の2つのパターンがあります。まずはApple標準アプリのWalletアプリで登録して使用する方法について説明していきます。まず最初に行うのは、Suicaカードの登録です。

Walletアプリを使って現在使用しているSuicaカードを読み込みます。Walletアプリの右上にある+ボタンにお手元のSuicaカードをスキャンすることで読み込みが完了します。

注意点としては、通常のSuicaカードや定期券のみ取り込み可能であるという点です。音声機能付きのSuicaカードやクレジット一体型のカードなどの通常と異なるSuicaカードをご使用の方はお手元のカードをお使いいただけません。

ただ、その場合はモバイルSuicaアプリを使用してSuicaを新規発行できます。この場合はモバイルSuicaアプリが必要になりますので、アプリをインストールをしてSuicaを新規発行しましょう。Suicaカードの登録が済んだらクレジットカードの登録もしてしまいましょう。

クレジットカードもSuicaカードと同様に、Walletアプリの右上の+ボタンからクレジットカードをスキャンし、読み込みます。そして、カード情報やセキュリティコードなどの必要な情報を入力すれば登録が完了します。

クレジットカードの登録が完了したら、モバイルSuicaにクレジットカードを使ってチャージをします。WalletアプリからSuicaカードをタップし、右下のインフォメーションアイコンをタップします。そうすると「チャージ」というボタンがあるのでそれをタップします。

チャージしたい金額を入力したら、ホームボタンの指紋認証でiPhoneに登録したクレジットカードでの決済が完了します。注意点としては、指紋認証ですぐに決済が完了してしまうということです。チャージ金額の打ち間違えには注意しましょう。さて、これでお使いのiPhone内のSuicaカードに入金が完了しました。

あとはお使いのiPhoneを電車などの公共交通機関のICカードリーダーにかざすだけでSuicaのようにお使いいただけます。ではお次にモバイルSuicaアプリをインストールして使用する方法について説明しますね。

まずはモバイルSuicaアプリをインストールします。そして、会員登録をします。こちらはSuicaの登録は不要でそのまま使うとこができます。会員登録をしたあとは、クレジットカードの登録をします。

クレジットカードを使ってチャージする方法は、まずメニュー画面で「SF電子マネー」を選択します。

そして、チャージを選んで入金額を決定するとチャージが完了します。こちらも先ほどと同様に、iPhoneをかざすだけでSuicaとして使用することができます。

モバイルSuicaアプリを使用する場合は、年会費が1,030円かかってしまうので注意が必要です。ただ、チャージでポイントが貯まることを考えると、年会費の1,030円はすぐに元が取れてしまいますよ。

Androidスマートフォンでの使い方

Androidスマートフォンでは、モバイルSuicaアプリをインストールして使用する方法のみになります。おサイフケータイに対応(FeliCa搭載)したスマートフォンの機種が対応機種になります。

iPhoneと同様に、アプリをダウンロードしたらまずは会員登録をします。そして、クレジットカードの登録をすることでクレジットカードでのチャージが可能になります。メニュー画面の「SFチャージマネー」を選択し、入金額を決定することでチャージが完了します。

これでスマートフォンをかざすだけでSuicaを使用することができます。注意点としては、iPhoneと同様で会員登録に1,030円かかってしまうことです。ただ、ライフカードを使ってチャージをすればポイントで元を取ることができるため、モバイルSuicaは導入したほうがお得ですよ。

オートチャージは使えない

ライフカードを使ってモバイルSuicaのオートチャージが可能かどうかは気になるポイントですよね。ライフカードは残念ながらオートチャージをすることができません。ただ、ライフカードのメリットは何といっても誕生月のポイント還元率が3%になることです。

誕生月にまとめてチャージするという使い方をすればオートチャージでなくても快適に使うことできるので、オートチャージができなくてもいいという考え方もありますね。また、モバイルSuicaでオートチャージ可能なクレジットカードは、ビュースイカカードのみとなっております。

ビュースイカはモバイルSuicaの年会費が無料になるというメリットもあるため、Suicaを使用する機会が多い方はビュースイカカードも検討してみてもいいですね。

Suicaポイントクラブに登録してポイントを貯める

「Suicaポイントクラブ」というサービスをご存知でしょうか。こちらは、事前に自分のSuicaを登録するだけで、Suicaポイント加盟店のお買い物でポイントが貯まるサービスです。※バスや電車など公共交通機関を利用する際にはポイントは付きません。

登録や利用にあたり費用・年会費がかかることはありません。Suica でお買い物をする際にはお得になりますので登録をしておいて損はありません。

Suicaポイントクラブでは、NEWDAYSやKIOSKなどのSuicaポイント加盟店において登録したSuicaでお買い物をすると、ポイントが貯まる仕組みになっています。還元率は0.5%〜1%で、100円〜200円につき1Suicaポイントが貯まります。

店舗によってレートが異なるので、Suicaポイント加盟店にて確認してみてください。貯まったSuicaポイントは100ポイントごとに1ポイント1円計算でSuicaにチャージすることができます。また、100円以上でしたら10円単位でポイントを交換することもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はライフカードを使ってモバイルSuicaにチャージするとポイントが貯まることや、モバイルSuicaの使い方についてのご紹介をしました。

ライフカードを使用すればチャージするごとにポイントが貯まり、さらに、Suicaポイントクラブに登録しておけばSuicaポイントも貯めることができます。

また、ライフカードは誕生月にポイント還元率が通常の3倍の3%になるので、誕生月にまとめてSuicaにチャージすればより多くポイントが貯まります。ライフカードはモバイルSuicaと相性のいいカードと言えますね。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 楽天カード

楽天カード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

 

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)