楽天カード

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

今まで現金派で、クレジットカードを作ったことがないと、審査に通るか不安ですよね。

スーパーホワイトと呼ばれる、今までにクレジットカードやカードローン、それにキャッシングなど利用したことがない方は、クレジットカードの審査が厳しくなります。

クレジットカードの審査に落ちてしまう方は、大抵今までに支払が遅れたことのあるブラックな方ばかりなのですが、反対に位置する何の利用実績もないスーパーホワイトの方も落ちる場合があります。これは、カード会社が返済能力がわからないことが原因です。

当記事では「スーパーホワイトの方でも楽天カードは作れるのか」を解説いたします。

楽天カードはスーパーホワイトでも作れる

結論からですが、スーパーホワイトであっても楽天カードであれば作ることが可能です。

楽天カードは高校生をのぞく18歳以上から申し込みできます。主婦やフリーター、無職にいたるまで、実に1000万人越える所有者がいます。

この事実から見てスーパーホワイトでも持てる可能性が高いカードということはお分かりいただけると思います。

実際の審査基準は公表されていませんが、これだけ多くの方が持っているという事実が何より審査に通りやすい証拠です。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

楽天カードでクレヒスを作る

スーパーホワイトの方は、三井住友VISAカード、MUFGカードなどの銀行系クレジットカードを作ることは難しいです。カード会社からすると返済能力がわからないので、はじめの1枚に選んでも審査に落ちる可能性が高いです。

このように審査が困難とされているクレジットカードに申込みたい場合は、まずは楽天カードを使用しクレジットヒストリーを作ることをおすすめします。そうすることで、審査に通る可能性が高くなります。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

クレジットカード業界の高齢は30歳

高齢と聞けば、一般的にはおよそ60歳以上の人のことを表しますよね。ただ、スーパーホワイトの場合クレジットカードの世界では、およそ30歳以上の人が高齢扱いされているのです。

初めてクレジットカードの審査に望む場合、20代程度であれば何らの問題もないのですが、年齢を経ることによって困難になる傾向があります。

そのうち、30歳以上、独身で賃貸住宅に居住しており、一人暮らしという要件を満たしていれば、クレジットカードの審査に通過することは相当困難とされています。そうしたことから、30歳代以上のスーパーホワイトは、クレジットカードを持つことが難しいとされているのです。

今までにクレジットカードやカードローンを利用した経験がなければ、「いい年してローンの利用経験もないのか」などと信販会社は怪しむようです。そして、コンピューターによる審査により自動的に審査落ちに振り分けられてしまうのです。

スーパーホワイトであれば、今までに返済実績を重ねてきた人と比べてスコアリングでは相当劣勢になります。年収が低く居住年数が少なければ、それだけで審査に否決されてしまいかねないことから、30歳程度の年齢層は審査に通過しづらいとされているのです。

スーパーホワイトだと審査は厳しくなる

通常、スーパーホワイトであれば、クレジットカードの審査は厳しくなるのですが、その根拠を語る前に、前提としてクレジットカードの審査基準がどのようになっているかを解説していきます。

クレジットカードの審査は、まずコンピューターで自動的に行われ、次いで人を介して判断される仕組みとなっています。コンピューターによる審査には、スコアリングというシステムが採用されており、借入しようとする人の個人信用情報に基づいて点数化していきます。

個人信用情報機関には、クレジットカードやカードローンなどの審査に必要な、過去の借入履歴などが登録されています。スコアリングで点数化された後、基準点数を満たしていれば審査に通る仕組みになっています。

そもそもスコアリングとは、年収については、年収の区切りによって点数が与えられていくもので、年収が高ければ高いほど高得点となります(スコアリングの結果はクレジットカードに申込まなければ分からないと思われがちですが、あらかじめ無料で体験することも可能です。

もちろん、無料で体験したスコアリングによって得点されたとしても、個人信用情報に反映されるわけではありませんから安心して下さい)。

ただ、個人信用情報機関に登録されている情報によってすべてが決まるわけではありませんから、スーパーホワイトだからといって当然に審査に否決されることはないのです。

信用情報機関に登録されている情報は過去5年以内のものであるのですが、この根拠は事故情報が登録された後であっても、再度クレジットカードやカードローンを用いることが可能になることを目的としています。

過去に事故情報に登録されかねない行為をした人にも救済措置がとられているほどですから、今まで何らの支払遅延どころか借入すらしたことのないスーパーホワイトに該当する人が審査に否決されることは考えられないことですよね。

スーパーホワイトであることをもって当然に審査に否決されるわけではないわけですから、クレジットカードを申込もうと1度審査に否決されたことをもってギブアップせず、審査が緩いとされているそのほかのクレジットカードに申込んでみることをオススメします。

もし、何度トライしても審査に否決されてしまうのであれば、以下の方法を試してみてはいかがでしょう。

スーパーホワイトから抜け出すためには、スマホなどを機種変更などして割賦購入することが簡単です。クレジットカードやカードローンとは何らの関係ないスマホですが、これを割賦購入するだけでクレジットヒストリーを蓄積していくことが可能となります。

クレジットヒストリー蓄積の目標としては、2年間とされているのですが、クレジットカードの審査では、前回の審査落ちから半年以上経過すれば、個人信用情報機関に掲載されている審査落ちの履歴がなくなりますから、前回の審査落ちから半年以上経過してから申込むとよいでしょう。

スマホを購入したばかりな人や購入予定のない人は、数万円程度の家電をショッピングローンやショッピングクレジットによって割賦購入してみるのはいかがでしょうか。このような方法であってもクレヒスを蓄積するのに役立つのです。

銀行系クレジットカードは審査が厳しい

クレジットカードには、オリコカードなどの信販系、イオンカードなどの流通系、アコムACマスターカードなどの消費者金融系など、様々なクレジットカードが存在しますが、三井住友VISAカードを始め、JCBカードなどの銀行系クレジットカードは、クレジットカードのなかでも審査が厳しめです。

肝心の楽天カードは流通系に該当します。流通系は消費者金融系に次いで審査が柔軟なので、スーパーホワイトの方は、まず選択肢になる1枚と言えます。

まとめ

スーパーホワイトでも楽天カードの審査に通るのかどうかを解説してきました。

高齢になるほど不利になる可能性があるとされるスーパーホワイトですが、楽天カードは、高齢スーパーホワイトであっても審査に通る可能性の高いクレジットカードです。

申し込まなければ何もわかりません。まずは申込んでみてはいかがでしょうか。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 楽天カード

楽天カード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

 

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)