ガソリンスタンド

あれこれとやり取りをするのが面倒な場合など、自分一人でササっと給油を終えられるセルフガソリンスタンドを使う方も多いでしょう。

そこで一つ気になるのが、セルフのガソリンスタンドでクレジットカードが使えるかどうかではないでしょうか。

セルフじゃないガソリンスタンドなら基本的には店員さんに使うかどうか聞かれるのである程度利用可否がわかりますが、セルフだと不安もあるでしょう。

今回はセルフガソリンスタンドでクレジットカードが使えるかどうか、そして使えるクレジットカードのおすすめ候補も合わせて解説します。

ガソリンスタンドではクレジットカード利用可能

ガソリンスタンドではクレジットカードを利用できます。店員さんに使うかどうか聞かれる場合もあれば、自分からカードで支払うと説明が必要なこともあるでしょう。

ほとんどのガソリンスタンドでは、クレジットカード払いに対応しています。JCB・VISA・Mastercard 主要な国際ブランドはすべて利用可!

支払いに対応しているクレジットカードを手渡せば、支払いの手続きをしてくれます。最後にサインを記入すればOK。クレジットカードの裏に自分で書いた通りにサインをしましょう。

要するに普通のスーパーやコンビニなどで支払うのと手続き内容に変わりはありません。まだガソリンスタンドで使ったことがなくても、心配する必要はありません。

セルフガソリンスタンドでも利用可能

店員が表に出ていないセルフのガソリンスタンドでも、基本的にクレジットカードでの支払いは問題なく可能です。

ただし、店員と会話しないため支払いの流れは異なっています。とはいえ特に難しい手続きはないので、ご安心ください。

給油の設定や支払いを行う装置に付いたタッチパネルなどの画面で、支払い方法選択時にクレジットカードを選択しましょう。

あとは支払いや給油量の設定ができる装置に備え付けられているカードリーダーにカードを通せば、カードでの支払いは完了です。

高額な決済額(1万円など)でなければサインは不要なケースも多いですが、言い換えると高額な場合はサインが必要になることも。サインを求められたらサインをして、支払い完了です。

ガソリンスタンドでおすすめのクレジットカード!

1位 楽天カード

楽天カード

楽天カードはどこで使ってもポイント還元率が1%。もちろんガソリンスタンドでの利用も1%還元されます。

特定のガソリンスタンドでの利用に特化しているクレジットカードはたくさんありますが、言い換えればそれは特定のお店以外でそのカードを使ってもそれほどメリットがないと言えます。

国際ブランドは国内外で広く加盟店が存在するVISA、Master Card、日本の加盟店が豊富なJCBの3つから選べます。持っていない国際ブランドで発行すれば、ガソリンスタンド以外でサブカードとしても使えますね。

楽天カードは年会費無料で、給油以外でカード利用する機会がなくても維持費がかからないのが大きなメリットです。

またETCカードも発行可能でETC利用の際も1%ポイント還元されます。※ETCカードは年会費500円(税抜)

毎回現金で給油していて、「もったいないなー」と思われているなら楽天カードはおすすめの一枚です。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 NTTグループカード

NTTグループカード

NTTグループカードはその名の通りNTTグループのクレジットカードで、Web明細サービスを利用すればレギュラーカードの年会費は無料になります。

ゴールドカードは年会費が5,000円(税抜)ですが、毎年100万円以上の利用で無料になります。

NTTグループカードには、出光のガソリンスタンド向けのサービス「出光キャッシュバックシステム」が存在します。

出光のガソリンスタンドの利用料に応じて、1万円以上の場合1,000円ごとに0.1ポイント、1万円未満の利用料なら一律で1ポイントが加算されます。

NTTグループカードの特徴は、貯まったポイントを景品や提携ポイントと交換できることに加えて光回線や携帯料金とショッピング金額に応じて毎月最大15,000円のキャッシュバックを得られることです。

ポイントを現金に変えられるのは、大きなメリットでしょう。

出光での支払いだけでなく、普段の買い物やスマホ代・光回線代も合わせてお得にしたい人にはNTTグループカードがおすすめですね。

NTTグループカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 出光カードまいどプラス

出光カードまいどプラス

出光のガソリンスタンド利用者におすすめのクレジットカードが、出光カードまいどプラスです。

出光カードまいどプラスの特徴は、出光のガソリンスタンド利用時にいつでもガソリンと軽油が1ℓ2円引きになること。灯油も1ℓ1円引きになります。

さらに年会費500円(税抜)のねびきプラスサービスに加入すれば、月々のカードでの支払い額に応じて最大1ℓ8円引きにまでガソリン代を下げられます。

年会費は永年無料で、国際ブランドはVISA、Master Card、JCBに加えてアメリカン・エキスプレスも選択可能。またETCカードを完全無料で利用できるのも、大きなメリットですね。

出光のガソリンスタンドを中心に通っている人には、出光カードまいどプラスがおすすめ。月8万円以上このカードで支払えばガソリン代が最大限にまで安くなるので、生活費等の決済でも活用するのが良いでしょう。

出光カードまいどプラス公式サイト 発行はこちら(無料)

4位 ENEOS CARD C

ENEOS CARD C

ENEOS CARD Cは、その名の通りエネオスでの給油に最適なクレジットカードです。年会費は、初年度無料で翌年度から1,250円(税抜)となっています。

ENEOS CARDには様々なラインナップがありますが、ENEOS CARD Cは1ヶ月間の利用金額に応じて翌月のガソリンや軽油代が1ℓ7円引きになることが特徴です。

また灯油は常時1ℓ1円引きです。

ENEOS CARD Cでは、ロードサービスが利用できます。事故や故障が起こってしまったら、24時間365日いつでも駆けつけて対応してもらえるのがメリットですね。

30分以内の路上修理が無料、レッカー移動は10kmまで無料など、サービスも充実。もしもの時の安全も得られることを考慮すれば、年会費1,250円(税抜)はそこまで大きな負担にはならないでしょう。

ENEOSで給油する機会が多い人は、ENEOS CARD Cを検討してみてはどうでしょうか。

石油系カードにこだわる必要はない

ガソリン代を安くできるのは確かにメリットですが、無理をして石油系クレジットカードを選ぶ必要はありません。

確かにガソリン代の値引きは嬉しいのですが、大幅な値引きのためには高額な支払いが必須となってきますよね。

つまり値引き率を上げようとすると、結果的に必要以上にお金を使ってしまう危険性もあります。それでは本末転倒です。

また特定のガソリンスタンドでしか値引きが適用できないと、移動中に対象のガソリンスタンドを見つけられず無駄にガソリンを消費してしまう可能性もあるでしょう。

毎月車に乗って出かける機会が多く、絶対に給油量やショッピング利用が多いなら別ですが、そこまで車利用が多くないなら石油系クレジットカードよりも単純にポイント還元率が高いクレジットカードを発行してみてはどうでしょうか。

楽天カードやYahoo!JAPANカードなら年会費無料でポイント還元率1%、リクルートカードは1.2%還元など、候補はたくさん。

ガソリン代そのものの値引き額は高くなくても、ポイント還元率が高ければ十分支払額はお得になりますよ。

まとめ

セルフガソリンスタンドでも、クレジットカードは基本的に利用できます。支払いを行う機械でクレジットカード払いを選べばOKです。

セルフでも通常のガソリンスタンドでも、クレジットカードを使えば支払いをスムーズにできます。

クレジットカードは特定のガソリンスタンド向けの値引きが充実したものも良いですが、どこのお店でも一律にお得にできるポイント還元率が高いクレジットカードを利用するのもおすすめですよ。

ETCカードを年会費無料で持とう!おすすめクレジットカードを比較

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)