楽天カード_新デザイン

これからクレジットカードを作成される方は、カードのステータス性を気にしてカードの申し込みをされる方も多いのではないでしょうか?

何をもってステータスとするのか曖昧ですが、クレジットカード発行審査が厳しいほどステータス性の高く、審査が甘いほどステータス性が低いクレジットカードになるというのが世間一般の認識です。

その中でも持っていると恥ずかしいのではないかと言われている代表的なクレジットカードが、インターネット広告やテレビCMでおなじみの「楽天カード」です。

とにかく有名な楽天カードですが、お会計時に出すと恥ずかしいという声もありますが実際のところどうなのでしょうか。

楽天カードは入会特典や各種キャンペーン、ポイント制度など、利用するメリットが複数ありますので、ステータス性だけを気にして避けるのは少し損をしている気もしますよね。

今回は、楽天カードは持っていると恥ずかしいのかについて解説していきます。

楽天カードは恥ずかしくない!

ok

  • 楽天カードはステータス性が低い
  • お会計の場で利用すると恥ずかしい

そんなことを言われる場合もありますが、実際には1000万人を超える会員数を誇る有名カードですので、ステータス性を気にする必要はありません。

ステータス性が低く恥ずかしいと感じる方もいらっしゃいますが、クレジットカードに対する価値観は人それぞれです。

楽天カードのステータス性は他のカードより劣る部分はあるかもしれませんが、使えば使う程お得なポイント制度と豊富なキャンペーンから「消費者目線のカード」と言っても過言ではありません。

ポイント還元率が1%と高く、また入会する期間によっては、入会時に無条件で約3000円~8000円分の楽天スーパーポイントを獲得できます。カードが届いたあとに、入会時獲得したポイントを使ってお買い物ができるのも嬉しいですね。

不定期ですが、野球の楽天球団が優勝した場合、優勝記念セールを行うなど、会員だけが得をするセールが多数行われていますので、利用せずとも持っているだけで得をするカードとも言えます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

一般的に恥ずかしいと言われるカードとは?

お会計時に使うと恥ずかしいカードと呼ばれるものは、個人の価値観の違いもあるのですが、大きく分類するとクレジットカードのステータス性が関係しています。

恥ずかしいカードと言われるカードについて少し掘り下げていきましょう。

消費者金融系・流通系クレジットカード

アコムACマスターカード

一般的に消費者金融系(アコムACマスターカードなど)、流通系(楽天カード、イオンカードなど)と分類されるカードが該当します。審査が比較的甘く、誰でも発行できると言われていることがステータス性を下げているとも言えますね。

また、カードの表面に自社のロゴが大々的に使われている点が、お会計時に目立ってしまうので恥ずかしさがあると言う方もいます。

申し込むと誰でも発行できるカードを使っていることに抵抗がある方、特に消費者金融系のカードに関しては、ショッピング枠に限らずキャッシング枠も同時に設定されることが多いため、借金を連想させマイナスイメージを持たれることもあります。

ステータス性を重視する方からすると恥ずかしいカードと思ってしまうようですが、実際にはクレジットカードを持っている時点で、どのようなカードでも恥ずかしいと感じる必要性はありません。

ステータス性を求めるなら銀行系クレジットカード

三井住友VISAカード

ステータス性を求める場合、どのようなカードを持てばよいのでしょうか。一般的に、消費者金融系、流通系のカードよりも審査が厳しくステータス性の高いカードとしては、銀行系カードが挙げられます。

銀行系カードで最も代表的なのは「三井住友VISAカード」です。

銀行系カードは持っているだけで個人の価値を上げてくれるステータス性の高さがありますが、三井住友VISAカードに関しては、

  • 表面に自社ロゴが無く高級感がある点
  • デザインがシンプルでカッコイイ点

などデザイン面が人気の理由となっています。

ビジネスシーンで部下や同僚にご馳走する際のお会計で、三井住友VISAカードを出すことで、さりげなくステータス性をアピールすることができます。

ただし、ポイント制度やキャンペーンは流通系カードに劣る部分であり、クレジットカードでお得に買い物をしたいといった方には不向きなカードとも言えるでしょう。

1つの使い方の例としては、楽天カードなどポイント還元率の高いカードはインターネットでのお買い物をメインに利用し、三井住友VISAカードなどのステータス性の高いカードを外出先で使うというのも、メリハリの効いた使い方の1つです。

三井住友VISAカード公式サイト 発行はこちら(無料)

ビジネス、プライベートどの場面でもオススメできる航空系カード

ANA VISA Suicaカード

クレジットカードをお得に利用する目的で使うという方にもう1つオススメなのが航空系カードです。代表的なものとしては“ANA VISAカード”や“JALカード”が挙げられます。

航空系カードの特徴は、飛行機に乗った分だけマイルが貯まる、旅行保険や免税店で割引を受けられるといったように、空港を利用する頻度が多い分得をする仕組みが整っていることです。

年間の旅行回数が多かったり、仕事で出張が多い方にとって飛行機代は年間で考えると数万円~数十万円となりますので、航空系カードを使って、その分のマイルをGETできるのは大きなメリットですね。

貯まったマイルは、特典航空券でお得にフライトしたり、ホテルの割引やグルメ品などへの複数の交換先で交換できますので、利用用途も多彩です。

航空系カードは、ポイント還元率も高いところが多いので、特徴としては流通系カードに近いカードとも言えるでしょう。

更に、良く利用する航空会社によってカードを分けることによって、より多くの特典やメリットを受けることができるので、必要に応じて航空系カードを持っておくと便利です。

ANA VISA Suicaカード公式サイト 発行はこちら(無料)

まとめ

楽天カード

楽天カードのステータス性とその他クレジットカードの特徴をご紹介してきました。

消費者金融系、流通系、航空系と発行している会社によって、カードを利用するメリットや特典が大きく違ってきますので、使い分けることでお得に利用できますね。

楽天カードにおいては新規入会特典や各種キャンペーンが豊富であり、お買い物時に楽天スーパーポイントが貯まりますので、日々のお買い物をお得にしてくれます。

楽天カードはステータス性が気になるという方も多いかもしれませんが、所有するカードの価値観は人それぞれです。他人の目を気にせずに、持ちたいカードを持つのが良いですね。

また、他人の目が気になるという方は外出先で使用せずに、インターネット上で買い物する際のメインのカードとして利用する方法もオススメです。

楽天カードは、楽天市場を利用される方には必須のクレジットカードです!

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)