基本的に支払いは現金で行うので、クレジットカードはあまり使ったことがない人もいるでしょう。

しかし今やクレジットカードでしか支払えないオンラインショップなどもあるので、クレジットカードを発行せざるを得ない場合もありますよね。

そこで今回は、「あまり使わないけれど1枚持っておく」のに最適なクレジットカードを5種類紹介します。発行を検討している方は、参考にしてみてください。

クレカをあまり使わない方は年会費無料カードがおすすめ

クレジットカードをあまり使わない人におすすめなのは、年会費が無料のクレジットカードです。

年に数回しか使わないとしても、年会費が無料なら余計な負担が発生しないので気軽に持てますよね。

年会費に注目し、年会費が永年無料や条件付きで無料になるクレジットカードを探してみましょう。

年会費無料おすすめクレジットカード

1位 ライフカード

ライフカード

VISA、Master Card、JCB から好きなブランドを発行可能なライフカード。最大の特徴は、誕生月にポイント還元率が3倍になること! 基本ポイント還元率は0.5%なので3倍になると1.5%還元になります。

その他の特徴としては、入会特典で初年度のポイント還元率が1.5倍になります。つまり初年度はポイント還元率が常に0.75%になります。ライフカードのポイントは1ポイントあたりの価値が5円と高いのも嬉しいところです。

他には年間50万円以上の利用で300ポイント&次年度のポイント還元率が1.5倍など、ポイント還元がとにかく多いのが特徴です。年間200万円以上利用すれば次年度のポイント還元率が2倍になったりもします。

ライフカードは年会費無料で、発行手数料も完全無料です。普段あまり使わないとしても「毎年誕生月には欲しいものを買う!」なんて方にはおすすめの1枚です。ETCカードも年会費無料で作れますよ。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 セゾンカード

セゾンカード

セゾンカードでは有効期限が存在しない、永久不滅ポイントを貯められます。

つまりポイント失効のリスクが一切無いので、あまり使わない場合でも期限を気にせずポイントを貯められます。

そしてただポイントが貯まるだけではなく、対象店舗では割引なども適用できます。

西友やリヴィンでは、毎月5日と20日に5%オフで買い物をすることが可能です。そしてセブンイレブンやイトーヨーカドーでは、nanacoポイントと永久不滅ポイントを二重に貯めることができます。

セゾンカードインターナショナルなら年会費も永年無料。国際ブランドもVISA、MasterCard、JCBを自由に選べます。

永久不滅ポイントの還元率が0.5%と低いのは難点ですが、西友等での割引やセゾンポイントモールを経由してのオンラインショッピングによるポイントアップといった対処法もあります。

あまりクレジットカードを使わないなら、主にオンライン決済やスーパーでの買い物用にセゾンカードを検討してみてはどうでしょうか。

セゾンカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード

楽天ユーザーなら、楽天市場での買い物においてポイントが4%還元になる楽天カードがおすすめです。楽天市場以外においてもポイントは100円につき1ポイント、1%還元になります。

貯まるポイントは楽天スーパーポイントで、楽天市場などネットショップでの利用に加えてコンビニやドラッグストアなどの加盟店でも利用可能です。

特定の月だけポイントが貯まるなどの覚えておくのに少々不便な要素は一切なしに、最低でも常時1%還元を受けられるのが楽天カードの強みです。

もちろんVISA、MasterCard、JCBの3ブランドから選ぶことができるので、使う店舗での対応に合わせて選んで発行できます。

楽天スーパーポイントを活用する機会があるなら、真っ先に検討したいのが楽天カードです。

楽天スーパーポイントは有効期限も「最後にポイントを獲得してから1年間」とかなり長く、失効するリスクも低いです。

ポイントを失うリスクを減らしたい人にも、楽天カードがおすすめです。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

4位 オリコカード

オリコカード

オリコカードでは、年会費無料で持てるクレジットカードです。年会費無料でありながらも、ポイント還元率は常時1%で、還元率が高いことが魅力です。

さらに入会から6ヶ月間は2%還元なので、大至急クレジットカードを使って高額な買い物をしたいときなどにはとくに役立ちますね。

国際ブランドは Master Card、JCBから選択可能。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなど各種ネットショッピングでフル活用できます。

自分が使うお店で利用できる国際ブランドで、カードを発行すると良いでしょう。

貯めたポイントは500ポイントからAmazonギフト券やファミリーマートの買い物券など豊富な提携ポイントと交換できるので、活用しやすいこともオリコカードの魅力ですね。

負担なしでポイントの使い道が豊富なオリコカードは、最もおすすめの選択肢です。

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

5位 三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードは年会費が設定されているクレジットカードも多いですが、例えばリボ払い用のエブリプラスなら無料です。

他にも例えば三井住友VISAクラシックカードはマイペイすリボ登録とカードの利用で翌年度の年会費が無料になるなど、条件付きで年会費を無料にできます。

三井住友VISAカードのメリットは、交換できるアイテムが多いことです。

例えば皿やスピーカー、電気ケトルといった景品にも交換できますし、提携ポイントであるANAマイルや楽天スーパーポイント、ヨドバシカメラのポイントやnanacoなどにも交換できます。

景品が欲しいならポイントを貯めて景品を獲得、欲しい景品がないならこまめに提携ポイントに交換して使うのが良いでしょう。

例えば今回第3位に選んだ楽天カードでは貯まったポイントを楽天スーパーポイントとしてしか使えませんが、三井住友VISAカードのワールドプレゼントポイントなら交換先が豊富で自分の使い方に合わせてポイントを変更できます。

交換アイテムの充実を求めるなら、三井住友VISAカードがおすすめですね。

三井住友VISAカード公式サイト 発行はこちら(無料)

現金のデメリット

現金での買い物は確かに安心ですが、クレジットカードに比べてでメリットが豊富です。

クレジットカードの発行を機に、普段の買い物をクレジットカードで行うことも検討してみてはどうでしょうか。

ポイントが貯まらない

まず現金の買い物だと、ポイントが貯まらないことがデメリットですね。

もちろん店舗のポイントカードなどではポイントを貯められますが、対象外の店舗ではポイントは貯まりません。

しかしクレジットカードなら、どこで使ってもクレジットカードにおけるポイントを貯められます。これは大きなメリットでしょう。

利用履歴がわからない

現金での買い物は、レシートを取っておいたり自分でメモしておいたりしなければ利用履歴がわからないこともデメリットです。

とくに仕事で買い物をする場合などは、利用履歴を残しておかなければ後々苦労してしまうことがあるのではないでしょうか。

しかし極力クレジットカードで買い物をするようにすれば、利用履歴がわからなくなって困ってしまうことはないので安心です。

レジで時間がかかる

現金払いだと小銭の計算などで手間取って、コンビニやスーパーなどで支払いを行う際に時間がかかってしまうこともありますよね。

しかしクレジットカードで買い物をするなら、カードですぐに支払えるので時間がかかってしまうことはありません。

サインが面倒と感じる人もいるかもしれませんが、コンビニや一部スーパーなどではサインレスで買い物をすることもできます。

レジでの時間消費を避けられるのも、クレジットカードで支払うメリットと言えるでしょう。

盗難されても補償されない

現金払いだと盗難や商品の破損の際に、とくに補償されませんよね。

しかしクレジットカードで商品を購入していれば、カードのサービス内容によってはショッピング保険や盗難保険が適用されるために購入金額が一部~全額返ってくることもあります。

安心して高額な商品を購入できることも、クレジットカードのみ逃せないメリットです。

まとめ

クレジットカードをあまり使わない人は、負担がない年会費無料のクレジットカードを発行するのがおすすめです。

年会費が無料でも、ポイント還元率が高かったり特定の店舗で商品を割引購入できたりといったメリットを得られるカードがたくさんあります。

また今後クレジットカードを発行したら、クレジットカード決済によるメリットは豊富であるため、普段からクレジットカードで買い物をすることも検討してみると良いでしょう。

おすすめを比較!年会費無料ETCカード

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)