デビットカード

デビットカードでETCカードが作れないか知りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

クレジットカードは後から引き落としになるため抵抗があり、審査不要かつ即口座から利用料金がでVISAデビットカードでETCカード追加発行したいと考えている方もいるでしょう。

しかし、残念なことにVISAデビットカードでETCカードを発行することはできません。

今回は、VISAデビットカードにETCカード付きのものが存在しない理由や、ETCカードの発行におすすめのクレジットカードを紹介します。

デビットカードでは残高不足になる可能性がある

残高不足

VISAデビットカードでETCカードを発行できない・ETCカード機能付きのものも存在しない理由として考えられるのは、残高不足に陥ってしまう危険性があるからです。

デビットカードは支払いに利用すると、そのタイミングで口座から即利用料金が引き落とされます。このシステム自体は便利ですが、結果として銀行に残高がないと支払いが行えません。

もしETC料金所で残高不足になってしまうと、支払いができず後続車などに迷惑がかかってしまいますよね。

それを避けるために、デビットカードではETCカードを追加発行して利用できないように制限されているのでしょう。

ETCカード作るならクレジットカードが必要

クレジットカード

ETCカードを作って車載器に入れて利用するなら、クレジットカードが必要となります。

ETCカードの発行に対応しているクレジットカードを発行すれば、最短即日でETCカードを使い始めることも可能です。

なおクレジットカードでETCカードを追加発行する際に車載器を合わせて入手することはできないので、ETCカードを申し込んだらカー用品ショップなどで車載器を別途購入しておきましょう。

そしてもう一つ、ETCカードを作る際はクレジットカードによって発行手数料や年会費が異なっていることにも気をつけなければいけません。

発行手数料・年会費がどちらも無料のクレジットカードがある一方で、片方が有料、あるいは両方とも有料のクレジットカードもあります。

ETCカードを作る際は、できるだけ余計な料金を請求されることがないクレジットカードで追加発行を行いたいですね。

ETCカードが作れるおすすめクレカ!

ETCカードが追加発行できるクレジットカードはたくさんありますが、今回はその中でも特におすすめのものをランキング形式で紹介します。

いずれも年会費は無料で、手軽に発行して利用できます。ETCカード発行の参考にしてみてくださいね。

1位 ライフカード

ライフカード

クレジットカード・ETCカードともに発行手数料無料・年会費無料ライフカード。国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBから選べます。

ライフカードは初年度のポイント還元率が1.5倍。通常は0.5%還元ですが、初年度はそこから1.5倍の0.75%のポイント還元率になります。

そして、ライフカードは誕生月のポイント還元率が3倍の「1.5%還元」になります。毎年の誕生日がより楽しくなるのも、ライフカードの魅力ですね。

さらに年間50万円以上買い物をするとボーナスポイントが300ポイントもらえて次年度は1.5倍の還元率が適用される、年間200万円以上の利用でポイント2倍など、他にも特典は満載です。

見た目はさわやかなブルー。どこで使っても恥ずかしくないデザインで人気の高いカードです。発行にかかる時間が、最短3営業日と短いのも大きな特徴です。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 オリコカード

オリコカード

オリコカードはクレジットカードの大手。オリコカードにもバリエーションが色々ありますが、とくにおすすめなのはポイント還元率1%のオリコカード THE POINTでしょう。

ポイントは常に1%還元ですが、オリコカード THE POINTでは入会から6ヶ月の間ポイント還元率がさらに2倍にアップ。たくさん買い物や支払いをするなら、その分たくさんのポイントを貯められるのも強みですね。

オリコカード THE POINTは、年会費が永年無料。そして国際ブランドはMasterCard、JCBの2種類から選べます。

とくに海外旅行にいったりオンラインショッピングをしたりする機会が多い人は、世界中で使われていて加盟店が多いMasterCardを選んで発行するのがおすすめです。

すでにMasterCardを他に持っているなら、日本で最も普及しているJCBを発行するのが良いでしょう。もちろん、発行手数料・年会費無料でETCカードを発行できます。ETC利用でもポイントが貯まります。

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wは、39歳以下が発行できる年会費無料のJCBカードです。利用は39歳より上でも行えますが、申し込みが39歳以下に限られます。

JCBカードは通常0.5%のポイント還元となっていますが、JCB CARD Wは常に2倍のポイントを貯められます。つまり、ポイント還元率が1%と高いことが魅力です。

JCB CARD Wでは、ETCカードの発行手数料や年会費が無料となっています。つまり負担なしでETCカードを発行できることも、大きなメリットです。

日常生活における生活費決済やETCカードの利用料金の引き落としなど、様々な場面で活用できるのがJCB CARD Wの魅力。そこで今回、第1位に選びました。

JCB CARD W 公式サイト 発行はこちら(無料)

審査なしのETCパーソナルカードはおすすめできない

ETCパーソナルカード

ここまでETCカードの利用におすすめのクレジットカードを紹介してきましたが、実はETCカードはクレジットカードなしで発行することも不可能ではありません。

それはETCパーソナルカードという種類を発行する方法です。ETCパーソナルカードなら、審査なしで利用を開始できます。

ETCパーソナルカードは銀行口座から利用料金を引き落としてもらうシステムで、クレジットカードがなくても銀行口座があれば利用できます。

有料道路のサービスエリアや電話申し込みで申込書を受け取って郵送、さらにデポジットを振り込んでから2週間後にETCパーソナルカードが届いて利用可能となります。

高額なデポジット(前払い)が必要

ETCパーソナルカードで注意しなければならないのが、「平均利用月額」の「4倍」もの金額を「デポジット」として預けなければ利用できないことです。

例えば月に10000円使うなら、4倍で40000円がデポジットとなります。

しかもデポジットは支払いに使えるわけではなく、ただ預ける必要があるだけの金額。つまり別途利用する料金についても口座にしっかり入れておかなければいけません。

デポジットの増額に応じなければ解約になってしまうので、絶対にデポジットは預ける必要があります。

ETCパーソナルカードは利用料金が高額、利用を開始できるまでも長いため、利用者にとって圧倒的に不利になるサービスです。

つまりETCパーソナルカードを無理に使うよりも、おとなしくETCカードの追加発行に対応したクレジットカードを発行した方が安心・快適ですね。

まとめ

VISAデビットカードは審査なしで利用可能と便利に使えますが、残念ながらETCカード機能付きのものは存在しません。

ETCパーソナルカードなら銀行口座さえあれば利用できますが、高額なデポジットや発行までの長さなどデメリットが多くあまりおすすめできないのが現状です。

おすすめは年会費無料のクレジットカードの追加カードとして、発行手数料・年会費無料でETCカードを追加発行することですね。

おすすめの年会費無料ETCカード全集

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)