ATM

手持ちのお金が足りずに困っているとき、手持ちのクレジットカードにキャッシング機能が付いていればATMからすぐにお金を引き出して利用できますよね。

クレジットカードのキャッシング機能は、気軽に使えて便利です。しかしながらキャッシングはメリットばかりではなく、当然デメリットもあります。例えば、金利の高さです。

今回は、クレジットカードキャッシングのメリットとデメリット、そして利用方法を合わせて解説します。キャッシングの内容をしっかり理解して、必要に応じてうまく使いこなしましょう。

クレカのキャッシングは金利手数料が高い

クレジットカードでキャッシングを行えばすぐにお金を引き出せますが、なんとなくで借りるのではなくしっかり金利について理解しておくことが大事です。

銀行などでカードを発行して利用できるカードローンに比べて、クレジットカードのキャッシングは金利手数料が高くなっています。

たとえばアコムのカードローンは、貸し付け利率が3.0~18.0%と変動するしくみです。一方JCBカードを例にクレジットカードのキャッシングの金利手数料を説明すると、年率が15.0~18.0%となっています。

またクレジットカードのキャッシングもカードローンも、利用先によってはキャッシング時にATM利用手数料がかかることもあります。こちらも要注意ですね。

初めてキャッシングを行うなら、クレジットカードでキャッシングをするよりもカードローンを使った金利手数料の低いキャッシングの方が良いでしょう。

おすすめカードローンランキング

カードローンの種類は様々です。会社ごとに、サービス内容にも細かい違いがあります。

今回は、たくさんの選択肢があるカードローンの中でもオススメのカードローンを3つ紹介します。

アコム

アコムのカードローンは、最高800万円までという高額な融資が可能です。契約極度額の範囲内なら、何度でも利用できるのが便利ですね。

またアコムは日本全国にATMがあり、すぐに利用できるのも嬉しいポイントです。自宅付近や街中でアコムのATMを見た経験があるのではないでしょうか。

また貸付利率(実質年率)が3.0%からと低い利率になっていることも、利用者にとって嬉しいポイントでしょう。ちなみにアコムでは、30日間は金利が0円です。

誰でも名前を聞いたことがある大手会社のアコムが、第一のオススメカードローンですね。

モビット

モビットは三井住友銀行グループのキャッシング・カードローンで、カードローンは実質年率3.0%~18.0%となっています。

三井住友銀行にあるカードローン契約機ですぐに受付ができ、また三井住友銀行でモビットのカードローンを利用するならATMの利用手数料がかからないこともポイントです。

自宅付近や利用する駅の近くに三井住友銀行の支店やATMがあるなら、モビットを利用するのがおすすめですね。

プロミス

プロミスは、日本全国にあるプロミスのATMや提携ATMから借り入れができます。こちらもCMや街中にあるATMを見たことがある方は多いでしょう。

プロミスのフリーキャッシングでは、最大500万円までの金額を利用限度額内で借りられます。安定した収入があれば、学生や主婦でも利用可能となっています。

またプロミスにはこの他に女性用のレディースキャッシングや、、自営者向けの「自営者カードローン」(最大300万円)や目的が決まっている人への「目的ローン」、複数のローンをまとめる「賃金業法に基づくおまとめローン」といったローンもあります。

金利は借り入れ後の残高によって4.5~17.8%、30日間は利息ゼロとなっています。こちらも、検討してみてはどうでしょうか。

クレジットカードキャッシングのメリット

カードローンに比べて金利が高くなってしまうクレジットカードのキャッシングですが、あえてクレジットカードキャッシングを行うメリットも色々あります。

まず挙げられるのは、日本でも海外でも気軽に提携ATMからお金を借りられることでしょう。例えばMasterCardのクレジットカードなら、MasterCardの国際ブランドが利用できるATMからキャッシングができます。

カードローンだと、基本的に海外のATMでは借り入れを利用できません。そのため海外旅行の際にお金が必要なら、日本で先に引き出しておき、空港などで両替する手間がかかります。

さらにあまり大きなお金を持ち歩くと、海外旅行の場合盗まれるなどトラブルに巻き込まれてしまうリスクもありますよね。

お金を借りて海外旅行で使うなら、旅行先において必要に応じて現地のお金を引き出せるクレジットカードキャッシングの方が良いでしょう。

そしてカードローンと比べてもう一つ優れているのは、キャッシング枠をあらかじめ設定しておけばすぐに利用できることです。

カードローンを申し込んで審査してもらうのは少々手間ですが、クレジットカードのキャッシングなら提携しているATMに足を運べば即利用できます。

クレジットカードキャッシングのデメリット

クレジットカードのキャッシングにおけるデメリットとしてまず挙げられるのが、借入限度額の存在でしょう。

例えばショッピング枠が50万円でも、借入限度額(キャッシング枠)が10万円なら10万円までしか借りることができません。

またキャッシングを利用すると、その分のショッピングで利用できる分の限度額も消費されます。つまりキャッシングを使うとショッピングで利用できる金額も減ってしまうのです。

そして借り入れの利用可能枠は、クレジットカードキャッシングに比べてカードローンの方が多いことも要注意ポイントですね。

例えばアコムのカードローンなら最大800万円までの高額な融資が可能ですが、クレジットカードのキャッシングの場合10万円など少額に制限されてしまいます。

カードローンより気軽に使える代わりに、利用金額の制限が厳しいのがクレジットカードキャッシングのデメリットですね。言い換えれば、少額の借り入れ中心ならうまく使いこなせる場合もあるのがクレジットカードのキャッシングです。

キャッシング枠とショッピング枠に含まれている

前項目でも少し触れましたが、クレジットカードキャッシングの利用可能額はキャッシング枠とショッピング枠の両方に含まれるしくみです。

キャッシング枠とショッピング枠は別々に設定されますが、キャッシング枠を利用すると合わせてショッピング枠も消費されます。

例えばショッピング枠が100万円に設定されていたとして、キャッシング枠30万円のうち20万円を使うとショッピング枠が残り80万円、キャッシング枠は10万円となります。

なにかクレジットカードで高額な支払いをする必要がある場合など、キャッシング枠を使ったために結果的に欲しいものが買えなくなってしまう危険があるのはクレジットカードキャッシングの要注意ポイントと言えるでしょう。

キャッシング枠を後から申し込むと審査に時間がかかる

クレカ作成時にキャッシング枠をつけていれば、カードが届き次第すぐにキャッシングを利用できます。

しかし後からキャッシング枠を申し込むと、キャッシングを利用できるようになるまでの審査に時間がかかってしまうことに注意が必要です。

そしてクレジットカードを作成するときにキャッシング枠を設定して申し込むと、それはそれでクレジットカード発行時の審査に時間がかかります。

例えばキャッシングを利用しないならすぐに審査が終わって即日発行もできるクレジットカードでも、キャッシングありで申し込んだら審査日数が数日程度長くなってしまう可能性があります。

またキャッシング機能の審査は厳しめで、後から申し込む場合もクレか発行時に機能を付ける場合も収入証明などを提出しなければいけないケースがあります。

キャッシングの審査は時間がかかり、難易度も高め。利用するハードルはどうしても、高くなりますね。

キャッシングが利用できない5つのケース

クレジットカードにキャッシング機能を付けて申し込んでいても、最初は付いていたキャッシング機能が急に利用できなくなってしまうことがあります。

また申込時に、キャッシング枠を設定してもらえないこともありますね。これらの理由・原因をチェックしていきましょう。

1 ショッピング枠を使い切っているとキャッシングができない

クレジットカードにキャッシング枠が設定されているはずなのにキャッシングができない場合、理由としてまず考えられるのはショッピング枠を使い切ってしまっていることです。

キャッシング枠が残っていても、ショッピング枠を大幅に使ってしまっているとキャッシングができません。例えばショッピング枠の残りが1万円だと、キャッシング枠が仮に10万円でも1万円までしか借りられないのです。

キャッシングを与えられた枠の分しっかり使いたい場合は、ショッピング枠の使いすぎに気をつけましょう。

2 延滞があるとキャッシングができなくなることある

クレジットカードや他のローンなどで延滞していて支払っていないと、クレジットカード会社からすれば支払い能力がない、つまり今後キャッシングをしても返済を行ってくれる補償がないと判断されてしまうものです。

キャッシングを利用したいなら、延滞にはよく注意しなければいけませんね。

3 利用したATMが自分のクレジットカードと提携していない

クレジットカードのキャッシングは、提携しているATMでなければ利用できません。

もしキャッシング枠やショッピング枠に問題がないのにキャッシングができないと表示されるなら、それはATMがキャッシングに対応していない可能性がありますね。

クレジットカードキャッシングを利用する場合は、あらかじめ向かう予定のATMがキャッシングに対応しているかしっかり確認しておきましょう。

4 カードの期限切れ、キャッシング枠がない

クレジットカードには、有効期限が設定されています。有効期限が近づいてくると、そのタイミングで有効期限が更新された新しいクレジットカードが送られてくるのが一般的です。

しかしカードの期限が切れてしまっていると、キャッシングは当然ながら使えません。間違えて、期限が切れているクレジットカードを持ってきてしまっていないか確認しましょう。

そして事前にキャッシング枠を設定していなければ、クレジットカードでのキャッシングは当然ながら行えません。キャッシングが利用できない場合は、こちらも合わせてチェックしてみた方が良いでしょう。

5 返済能力がなければキャッシング枠は付かない

さて、クレジットカードにキャッシング枠を付けることは、誰でもできるわけではありません。返済能力があると判断されなければ、キャッシング枠は付かないしくみです。

具体的にどんな人が返済能力がないとみなされてしまいがちかというと、

  • パート、アルバイト、無職、自営業など収入が不安定
  • 安定した職に就いていても、収入が少ない
  • 他社で延滞をしている

こういったタイプの人はキャッシング枠が付かなかったり、付いてもごくわずかな金額に制限されてしまったりします。クレジットカードキャッシングが利用できない場合は、カードローンを利用することとなるでしょう。

クレジットカードでキャッシングを利用したい場合はまず安定した職に就くなどして、クレジットカード会社における審査に万全な体制で臨みたいですね。

なお収入や職業を偽って申し込むと、当然ながらバレてしまい審査にとおらないでしょう。クレジットカード入会時にこれらの情報を偽ると、クレジットカード自体も発行してもらえません。

不安があるとしても、正確な情報を記入してキャッシング枠やクレジットカードを申し込むことが大事ですね。

キャッシングはコンビニATMで利用できる

コンビニエンスストア

まだ一度も行ったことがない人は、キャッシングの方法がわからずどうやって手順を進めればいいのか不安な場合もあるでしょう。続いて、JCBカードを例にコンビニATMを用いたキャッシングの利用方法を紹介します。

まずATMで「お引き出し」か、表示がある場合「クレジットカード」のボタンを押します。続いて「お借り入れ」を選択し、クレジットカードを入れましょう。

暗証番号を入力後、1回払いなら「キャッシングサービス」、キャッシングリボ払い(借入額をリボ払いで毎月一定額支払うタイプ)なら「カード・ローン」を押して利用金額を押せば紙幣とクレジットカードがATMから出ます。

他社でも操作の流れは基本的に同様。一度操作を行えば、次に利用する際も戸惑うことはないでしょう。

ネットで申し込めるネットキャッシング

ネットキャッシングとは、パソコンやスマホを使っていつでもどこでもお金を借りられるサービスです。

エポスカードを例に説明すると、申し込みを行うことにより最短数十秒(平日の午後2時29分までに申し込むのが条件)で引き落とし口座に設定している銀行口座宛に現金の振込が行われます。

エポスカードの場合は振込手数料がかからないこともメリットに挙げられます。ネットキャッシングなら近所にキャッシング対応のATMがなくてもすぐに現金を入手できますし、手軽に場所を選ばず利用できるのも便利ですね。

クレジットカードにはネットキャッシングを利用できるものもあれば、利用できないものもあります。もしクレジットカードでネットキャッシングを行いたいなら、対応しているクレジットカードを発行するのがおすすめですね。

例えばエポスカードやイオンカード、ライフカード、三井住友VISAカードなどがネットキャッシングに対応しています。大手のクレジットカードは対応しているケースが多いです。

海外でキャッシングを利用する方法と注意点

カードローンは基本的に国内のみでの利用となりますが、クレジットカードのキャッシングは海外でも利用可能です。しかし海外のATMならどれでもキャッシングを利用できる、とは限りません。

例えば三井住友VISAカードでキャッシングができるのは、VISAやPlusというマークが付いているATMでのみです。

海外のATMにおけるキャッシング手続きの流れは各国ごとに異なっています。ここではアメリカのATMを例に解説します。

カードを挿入すると暗証番号を求められるので、クレジットカードの暗証番号を入力しましょう。

続いて「Cash withdrawal」というボタンを押し、口座の種類から「Credit card」を選択、後は金額を指定すれば現金を受け取れます。

機器によっても若干記載や流れが異なることはありますが、操作は主に以上の通りでシンプルです。落ち着いて操作すれば、すぐに現金を受け取れますよ。

キャッシングには3つの返済方法がある

現金をクレジットカードで引き出して利用できるキャッシングですが、キャッシングはあくまでお金を借りているサービス。当然、借りたものは返さなければいけません。

キャッシングの返済方法は様々で、主に一括返済、リボ払い、繰り上げ返済の3つがあります。それぞれの特性を理解しつつ、返済は早めに行いましょう。

一括返済

キャッシングの一括返済は、クレジットカードの通常の支払いと同様決まった日に銀行口座から利用金額を引き落とすしくみの返済方法です。

例えば10万円を借りた場合、10万円とそれに応じた手数料をまとめて引き落とし日に引き落とすことになりますね。

一括返済を行う場合は一気に借りた額を全て引き落とす関係上、高額なキャッシングをした場合は口座の残高をしっかり確認しておく必要があることに注意しましょう。

ただし言い換えれば1回支払いを行えばもう返済は終了なので、キャッシングのリボ払いに比べて手数料も含めた支払う総額は低く抑えられます。

キャッシングで消費した分のショッピング枠とキャッシング枠もすぐに戻ってくることになるので、基本的には1回払いを利用した方が良いでしょう。

リボ払い

リボ払いは、クレジットカードのショッピング枠におけるリボ払いと同じく一定の予め決めておいた金額+手数料を毎月支払うしくみです。

返済額が毎月同じくらいの金額に収まるのは便利ですが言い換えればその分完済までにかかる時間も長くなります。

特に高額なキャッシングをリボ払いで行うと、手数料の支払額もまた膨大になっていくでしょう。毎月支払う金額が一定だからといって油断をしていると、いつまでも返し終わらなくなる可能性があるので気をつけなければいけません。

リボ払いを選ぶなら毎月の支払額はできる限り多めに設定し、早めの完済を心がけるのがおすすめです。

繰り上げ返済

繰上げ返済とは、本来の支払日よりも前に繰上げて返済する方法です。三井住友カードや楽天カードなど、様々なクレジットカードが繰上げ返済に対応しています。

繰上げ返済の方法は、提携しているATMからの入金や指定の口座への振込といった方法があります。カード会社によって手続きの流れが異なっているので、事前に調べておきましょう。

繰上げ返済のメリットは、その分利息を減らせること。そして消費してしまったキャッシングやショッピングの枠を、早めに回復させられることです。

リボ払いで高額なキャッシングを行なった場合は、できる限り繰上げ返済を併用して早めに完済を行うのがおすすめですね。

キャッシングの返済手数料・利息

キャッシングの返済手数料・利息はクレジットカード会社ごとに若干の違いがあります。ここでは、JCBカードの1回払いを例に解説しましょう。

クレジットカードのキャッシングにおける返済手数料は、

「利用残高×融資利率(年利)×利用日数÷365日(366日)」で計算できます。融資利率は金利のこと、利用日数とは利用した日から支払日までの日数です。

JCBカードの融資利率は15.00〜18.00%です。仮に18%の融資利率として2017年の10月1日に10万円を借りたとすると、

「10万円×0.18×40÷365」=1972円

以上が返済手数料なので、11月10日の支払額は10万円に1972円をプラスして合計101972円になります。

少々計算がややこしいですが、クレジットカード会社によっては返済のシミュレーションで簡単に支払額を計算することができます。利用してみると良いでしょう。

借入額が少ないと金利が高くなる

クレジットカードキャッシングは、借入額が少なければ少ないほど金利が高くなるしくみです。

なんで?と思うかもしれませんが、クレジットカード会社の立場になって考えれば理由はわかりやすいです。

全ての借入額で同じ金利だと、借入額が少なければ当然支払われる手数料が少なくなってしまい、カード会社にとってはあまりメリットがありません。

また高額な借入の際の手数料が高いと、キャッシングが必要な人でも利用してくれない可能性が高くなりますよね。そのため、借入額が少ないとその分金利が高くなるのです。

キャッシングを利用する際は、借入額に応じて金利が変わることを覚えておきましょう。

まとめ

クレジットカードキャッシングは国内だけでなく海外でも使えます。機能をつければ審査なども必要なく、気軽に使えるのは大きなメリットです。

しかしその代わりにカードローンよりも金利が高く返済額が増えてしまう可能性があったり、借りられる金額の制限が厳しかったりとデメリットもいくつかあります。

クレジットカードキャッシングを利用する際はカードローンとも比較し、しっかり理解したうえで行いましょう。

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)