クレジットカード

クレジットカードを作ろうと思ったときに、テレビCMやインターネット広告など多くの種類の宣伝がされている数多くあるカードの中から、どんなカードを持てば良いのか迷ってしまいますよね?

思っているよりも、はじめての1枚はどんなカードがいいのか絞ることは難しいものです。

デザインを重視するのか、ポイントの貯まりやすさを重視するのか、選び方は三者三様でカードを利用する目的や必要性によってもカードの選び方は異なります。

今回は、はじめてクレジットカードを発行する方のためにカードの選び方とおすすめのカードをランキング形式でまとめてみました。

クレジットカードの申し込みから発行までの流れまで、不安要素を払拭する内容を紹介していますので、是非、疑問点を解消してからカードの申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードを発行する方法

まず、カードを発行するときには、電話申し込み(郵送)やカード発行カウンター(店頭)、インターネットからの申し込みという3つの方法から選びます。

どの方法を選んでもクレジットカードを発行することはできるのですが、最近ではキャンペーンや入会特典のメリットの恩恵を受けることができる、インターネットからの申し込みが圧倒的に人気の方法となっています。

ネット申し込みを選択するメリットは、わざわざカード発行カウンターへ出向く必要が無く発行までの時間を短縮できる点に加え、電話の申し込みでは受け取ることができないネット限定の特典を受け取ることができることです。

インターネット上の画面操作に従い、必要情報を入力するだけで簡単に発行できることもネット申し込みが主流になっている理由の1つです。

はじめてのカードを発行するときには、インターネットからの申し込みをオススメします!

はじめての1枚におすすめのクレジットカード!

はじめて選ぶクレジットカードに迷っている方のために、ランキング形式でオススメのカードをいくつかピックアップしてみましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

どのカードも審査の基準、ポイント還元率の高さ、デザイン性についてもバランスの取れたカードとなっているので、はじめての1枚にピッタリのものを厳選してみました。

それでは1位から順に見ていきましょう。

1位 オリコカード

オリコカード

ポイント還元率が常に1%と高い特徴を持っているオリコカード。

テレビCMやインターネット上の広告でも目にする機会が多いので、はじめてクレジットカードを持つ方にも信頼度が高いカードでもあります。

「iD」と「QUICPay」の2電子マネーを搭載していることもあり、コンビニやスーパーなど日々のお買い物でも気軽に利用できることから、幅広い年代の方から支持されています。

月々の利用額に応じてポイントの還元率が変化、ステージ制度を導入していることによってポイントが1.5倍、1.7倍と段階的にお得になる仕組みで、ポイント還元率は最大2%までアップします。

クレジットカード初心者から上級者まで、使えば使うほどお得なカードとして堂々の第一位にランクインしました。

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 ライフカード

ライフカード

オリコカードの次にはじめて発行するクレジットカードとしてオススメなのが、ライフカードです。

シンプルなデザインに定評があり、比較的審査が甘いカードとしても知られていることから確実に発行したい方にもピッタリ。

誕生日月はなんとポイント還元率が3%となり、非常にインパクトのあるポイントの貯まり方に期待できます。L-Mallと呼ばれる会員限定のショッピングモール経由でお買い物することで最大ポイントが7倍になります。楽天、Amazon、ヤフーショッピングではポイント2倍、loftでのお買い物に限ってですがポイント7倍と、非常にお得にお買い物できるカードの1つです。

クレジットカードの発行に不安がある、少しでもお得に買い物するためにクレジットカードを発行する方にオススメできるカードです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード

テレビCMやインターネット広告でお馴染みの楽天カード。はじめてクレジットカードを持つときには必ず筆頭候補に挙がるカードの1つです。

クレジットカードを持っていない方でも、楽天市場やオークションのサービスを利用している方は多いですので、楽天という会社の知名度は既に日本中で知れ渡っていますね。

定期的な収入がある方であれば、アルバイトやパートの方でも発行できますので、初めての方が申し込むカードとしてピッタリです。

ポイント還元率は通常1%と高還元ですが、楽天関連のサービスを利用することで最大ポイントが4倍となります。

楽天スーパーポイントという広く知られているポイントは各種サービスへの交換だけでなく、インターネットでのお買い物時にも利用可能。5000、8000ポイントと入会時には大きくポイントをGetできることも人気のカードの理由の1つです。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

4位 セゾンカード

セゾンカード

ポイントの有効期限が無い「永久不滅ポイント」が貯まるカードとして知られているのがセゾンカードです。

毎月5日と20日は西友でのお買い物が5%引きになりますので、日用品から衣料品まで、まとめて購入したいという方にオススメできるカードです。

ポイント還元率は0.5%と一般的なカードと同等となりますが、永久不滅ポイントは有効期限がなく、豊富なポイント交換先があることから、他のポイントに比べても価値の高いポイントとして重宝されています。

カード発行のための審査も比較的甘いことで知られていますので、他のカード発行履歴が無い方で初回であっても、定期的な収入さえあれば発行されやすいです。

はじめて持つカードとして長年使い続けていきたいという方にピッタリの1枚です。

セゾンカード公式サイト 発行はこちら(無料)

5位 三井住友VISAカード

信頼と知名度の面ではナンバーワンと言っても過言ではない三井住友VISAカード。プラチナやゴールドなど種類も豊富ですが、一番スタンダードなものとしては、三井住友VISAクラシックカードが有名です。

三井住友という絶対的な知名度は、安心感を作り出してくれますし、カードのステータス性という面でも文句なしです。

世界規模で見てもシェア率が一番のVISAカードですので、海外での対応している店舗も多く、サポートも充実しています。海外旅行を計画されている方や、海外在住の方からも定評があります。

また、銀行系カードとしてステータスの高いカードとしても知られているので、大切な人との食事やビジネスシーンで使用するカードとしても充分すぎる存在です。

クレジットカードを持つのははじめてだけど、ある程度ステータスの高いカードを持ちたいと考えている方が発行するカードとして向いていると言えるでしょう。

三井住友VISAカード公式サイト 発行はこちら(無料)

未成年の方におすすめのクレジットカード!

ここからは、未成年の方でも持つことができるクレジットカードについて紹介していきます。

通常のクレジットカードとは異なり、未成年者向け、学生向けなどカードの発行の方法から使用まで条件が異なりますので、オススメのカードをランキング形式で見ていきましょう。

それでは1位から順に見ていきましょう。

1位 学生専用ライフカード

ライフカード

カード名に学生専用と入っていることからも、学生から人気の高い学生専用ライフカード。

18歳~25歳の学生だけが持つことができる、ある程度限定した方が持てるカードですが、条件に合致している方から圧倒的な指示を得ています。

年会費が永久無料である点、入会1年後は貯まるポイントが1.5倍となる点など、はじめてクレジットカードを持つ未成年の方でも多くのメリットを得ることができます。

通常のポイント還元率は0.5%と、他のクレジットカードに比べても劣っていないことと、毎月10分の1の確率でAmazonギフト券500円分が当たる可能性があることから、日々楽しみがあります。

一般のライフカードよりもメリットが大きいカードですので、18歳~25歳の学生の方には絶対的にオススメできるカードとなっています。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 三井住友VISAカード デビュープラス

三井住友VISAカード デビュープラス

18歳~25歳の方限定が申し込むことができる三井住友VISAデビュープラスカード。条件に当てはまる年代であれば、学生でなくとも社会人の方でも持つことができます。

年間に1度でもカードを利用すれば1350円の年会費が無料になるので、実質年会費無料と言っても良いでしょう。

通常1000円ごとに1ポイント貯まるところ、デビュープラスカードを利用することによって2倍の2ポイントをGetできます。

条件が外れる26歳になるタイミングでは、三井住友VISAの上位版カードへ切り替えることも可能となっていますので、初めて持つカードとしては特に心配する部分はなく、安心してクレジットカードを持ちたい方にオススメできるカードです。

デビュープラスカード 発行はこちら(無料)

3位 JCB CARD EXTAGE

JCB EXTAGE

18歳~29歳の方限定で申し込むことができる、JCB CARD EXTAGE。

年会費無料に加え、入会後3か月間はポイント3倍になるという入会特典があります。

毎月の利用金額1000円につき1ポイントが貯まるOki Dokiポイントは、200ポイント単位でJCB限定のディスニー商品や各種ギフト券への交換が可能。

5年間年会費無料で利用でき、5年後にはJCB一般カードへ切り替えとなりますので、長く利用したい場合でも安心して所有できます。

各種キャンペーンやサポート体制も充実しているので、はじめてクレジットカードを持つ方でも安心な1枚です。

18歳~29歳限定で持つことができるカードなので、JCB CARD EXTAGEを5年間利用後にJCB一般カードへ切り替えて利用するのが利用的な持ち方となっています。

JCB CARD EXTAGE 公式サイト 発行はこちら(無料)

クレジットカードを作れる年齢は18歳以上

まず、クレジットカードを発行できる年齢については一般的に18歳~65歳くらいまでと言われています。

これに関しては特に法律で定められているものではないため、各クレジットカード会社によって定められるのですが、18歳以下で発行できるカードは存在していない状況です。

18歳~19歳という未成年の場合には、クレジットカードを持つことができるわけですが、基本的には定期的に収入があり、親権者の同意が得られる場合のみクレジットカードの発行が可能となっています。

ここで1つ注意が必要な点としては、18歳~19歳という年齢の部分と親権者の同意の2点をクリアしている場合でも、高校生はクレジットカードを発行することができません。

一見、条件をクリアしているので発行できるのでは?と思われがちなのですが、高校生は、クレジットカード会社の審査対象外となっていますので、カードが発行されることは無いと知っておくと良いでしょう。

ネット以外でクレカを申し込む方法は2つ

クレジットカードの発行にはインターネットでの申し込みが圧倒的に多いのですが、他にも2つの方法が存在していますので、ご紹介していきます。

クレジットカードをインターネット上から申し込む以外の方法としては、「申込書郵送での申し込み」「カードカウンターでの申し込み」の、2つの方法が存在しています。

申込書郵送での申し込み

クレジットカードを発行してもらうためにカード会社へ申込書を郵送する方法です。

カードを発行する際には、氏名年齢のほかに自宅住所や勤務先の住所など、多くの個人情報の記入が必要となり大変なのですが、この方法をとることで時間を気にせずに自分のペースで申込書を作成できるというメリットがあります。

ただ、全て手入力でおこなうこの方法のデメリットとしては、間違い記入が発生する可能性があるという点です。カード会社の審査において、1か所でも誤記入があるとクレジットカードの発行はおこなってもらえませんので、とてもシビアな部分です。

比較的簡単に間違い個所を修正できるインターネット申し込み、カードカウンターでの申し込みと比べると、1発勝負な部分が多くあまりオススメできる方法ではありません。

カード発行を急いでいない方、ゆっくりと申し込み書類を作りたい方に向いている方法と言えるでしょう。

カードカウンターでの申し込み

クレジットカード発行のために専用のカードカウンターでお申込みする方法です。

この場合は流通系クレジットカードの提携先となっているスーパーやデパート、家電量販店にカウンターが設置されているパターンがほとんどです。

この方法を使うメリットとしては、カウンターのサービス係の方に説明を受けながら書類を記入できることに加え、不明点が無い状態で申込書を完成させることができる点です。

カードによっては提携サービスの優待券や割引券などの特典をその場で受け取ることができることができたり、申し込み特典のサービスも存在している場合もあります。

また、提携カードによっては、即日審査によって仮カードと呼ばれるカードが発行されることによって、当日からクレジットカードの利用が可能となります。

デメリットは思っているよりも書類の記入に時間がかかる点と、場所によっては混雑が予想されるので、自身のペースでお申込み用紙の記入はできないと考えておいたほうがいいでしょう。

人にせかされたり視線を感じながら、申込書を記入したくない方には、やはりインターネット申し込みがオススメですね。

クレジットカード選定基準

ここで、クレジットカードを選ぶときに注目して欲しい、選定基準について触れていきたいと思います。人それぞれこだわる点は異なると思いますが、一般的に重視される点を見ていきましょう。

既にランキングでも出てきてるように、注目される点は大きく分類して、

  1. 年会費の有無
  2. ポイント還元率
  3. 国際ブランドの価値

の3つとなっています。

年会費無料で少しでも良いポイント還元率のカードでお得に利用したい、有名な国際ブランドのステータス性の高いカードを持ちたいというのは、自然な流れですね。

どうしても決められないという方は、クレジットカードの提携先がお気に入りの会社であったり、単純に人気の高いカードを選んだり、場合によってはカードのデザインが好きなキャラクターが乗っているカードを選ぶという手段もあります。

特にはじめてのクレジットカードに関しては、ポイント還元率や入会特典を重視するよりも、お気に入りの1枚を選ぶことをオススメします。

はじめての1枚ならVISAがおすすめ

国際ブランドは、VISA、MasterCurd、JCBなど有名どころが存在しますが、その中でも圧倒的に認知度が高いのがVISAとなっています。

世界のシェア率を見ても、会員数20億人のVISA、会員数10億人のMasterCurd、次いでJCBの7000万人という点から見ても、世界標準のクレジットカードの国際ブランドとなっています。

CMやインターネット広告で見たことがあるかもしれませんが、「VISAカードは世界200以上の国と地域で利用可能!」というキャッチフレーズがあります。この言葉からも分かるように、日本だけでなく世界各国で利用できるのがVISAの良いところです。

日本国内でクレジットカードが使えるお店ではVISAのロゴが入っているカードはほぼ利用可能と考えて良いでしょう。海外のお店でもクレジットカードが使えるお店ではVISAは利用可能と考えても問題ないです。

はじめてクレジットカードを持つという方にとっては特に、信頼度の高いVISAブランドを持つメリットは大きいです。

クレジットカード作成の流れ

クレジットカードを作る時に一番心配なのが、カード発行までの流れです。

基本的にはカード会社の担当の方から説明をしてもらい、案内を受けることができますが、スムーズに進めるためにも、事前に流れを把握しておくことは大切なことです。

申し込むカードが決まった後は、

  1. インターネット申し込み
  2. 郵送での申し込み
  3. カードカウンターでの申し込み

上記、3つの方法から選択します。

自身で都合の良い方法で申し込むのがベストですが、審査スピードが速く、入会特典も多いインターネットでの申し込みが主流となっていてオススメです。

大まかなクレジットカード作成の流れとしては、以下のように3段階になっています。

  1. 必要事項を記入し、申込書を提出する
  2. 入会審査に通過する
  3. カードが郵送で発行される

この3段階の流れをクリアして、カードが届いた時点から審査で決められた限度額をお買い物で利用できるようになります。

1つ注意点としては、カードの受け取りには本人確認書類が必要となっていますので、自宅で受け取る際には運転免許証または健康保険証などを用意しておく必要がありますので、覚えておきましょう。

もしカード発行のタイミングで引越しや住所変更がある場合には、かならずカード会社へその旨を伝えておくようにしましょう。最悪カードを受け取れなくなるような事態も発生しますので、しっかり連絡を取っておくことが大切です。

クレジットカード作成で必要な書類

クレジットカードを作る際には、どのカードに申し込む場合でも必ず提出する必要のある書類が存在しています。カード会社からすると本人確認を行う意味だけでなく、信頼できる人物かどうか判断する素材にもなっていますので、大切な要素です。

カード申し込み時に必要な書類としては以下のものがあります。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民票の写し、健康保険書のいずれか)
  • カードの利用料金を払うための引き落とし用銀行口座、銀行印
  • カードを受け取るための定住している住所の情報

また、クレジットカードのショッピング枠だけでなく、キャッシング枠も設定したいという場合には、年収証明書(源泉徴収票、直近2か月の給与明細、確定申告書、納税通知書のいずれか)が必要となっています。

クレジットカードを利用してお金を借りることができるカードですので、支払い能力があるかどうかの判断材料として必要となる年収証明書ですので、しっかり自身の情報を提出して限度額を設定してもらうようにしましょう。

また、カードを受け取るためには郵送での受け取りが必要ですので、万が一同じタイミングで引越しや住所変更がある場合には、カードを発送してもらう前に担当者にその旨を伝えてカードの届け先について相談しておくと安心です。

クレジットカード申し込み時の注意点

はじめてのカードを作る人にとっては、書類の記入や聞きなれない用語などが出てくることによって不安に感じることが多いのではないでしょうか。

クレジットカードを申し込む際には注意しておくべき点があります。ここでは、注意しておきたい点をいくつかまとめてみましたのでご紹介します。

カード会社の審査や利用限度額に間接的に関わってくる部分ですので、カードを申し込む前に是非覚えておくと良い事項です。

1度に複数のカードを申し込んではいけない

審査が不安なので、安全に複数のカードへ申し込みたい気持ちもあるかもしれませんが、クレジットカードの審査で紹介する個人信用情報の中には、カードの申し込み履歴が含まれます。

カードの利用実績が無い状態で、申し込み履歴だけが多くなってしまっていると、支払い能力が未知数でお金を必要としているという、あまり良い印象は持たれません。

実際にカードの審査にも影響する部分となっていますので、1つのカードへ申し込みしている際には他のカードへの申し込みは避けたほうが良いです。

理想的なのは、1つのカードの利用期間と利用金額の実績を作ってから、新たなカードへの申し込みをすることです。これによって、今後ステータス性の高いクレジットカードへの審査も有利に働きますので、覚えておくと良いでしょう。

申し込み書類は正確な情報を記入する

前途のとおり、クレジットカードの申し込みには、氏名年齢のほかに自宅住所や勤務先の住所など、多くの個人情報の記入が必要です。

情報に偽りがあったり、単なる記入ミスであっても個人の信用問題に関わる部分ですので、信頼度が下がってしまい審査結果に影響してしまいます。

中でも注意したいのが、ローンの借入状況の部分です。どうせバレないだろうという気持ちで金額をごまかしても、審査時にカード会社ではしっかり情報を把握していますので、正しい金額を申告するようにしましょう。

ローンの借入金額の違いは発覚し審査に悪影響がありますし、それ以上にしっかりとした情報を把握していない人といったイメージを持たれてしまうため審査にはマイナスに働いてしまいます。

だらしない人と思われないように、申し込み書類提出前には念には念を入れて、誤字脱字や記入情報に間違いが無いかチェックしておきましょう。

分からない用語をそのままにしない

クレジットカードを申し込む際の書類には、普段から馴染みのない用語を目にすることになりますので、事前に疑問点を解消したうえで書類を記入していく必要があります。

中でもキャッシング枠、利用限度額という言葉に関しては最低限分かっておく必要がありますし、直接カード発行に関わる大切な用語です。

キャッシング枠は、クレジットカードの役割であるお買い物時の会計時に利用できるショッピング枠と呼ばれる金額とは別に、現金でお借入れ(キャッシング)ができる金額の枠のことを指します。

銀行のカードローンのように、お金が必要な時にお借入れできることから便利な枠となっていますが、返済時には決められた利率の利息がかかってきますので注意が必要です。

利用限度額は、ショッピング枠またはキャッシング枠を審査で決められた金額のなかで利用できる金額のことを指しています。

例えば、審査でショッピング枠が10万円、キャッシング枠が10万円のカードについては、お買い物でのお支払いと現金でのお借入れの合計20万円分の利用ができる状態となります。

はじめてのクレジットカード申し込み時は、そのほかにも聞きなれない言葉が出てくるかもしれませんが、カード会社のお問い合わせで親切に教えてもらうことも可能ですので、よくわからず進めるよりは、1度問い合わせして相談してみるのも手段です。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査内容については、一般公開されることはありませんが、どのカード会社においても共通のチェック事項があります。

信頼してカードを発行できる人なのか、しっかりと支払い能力はある人なのか、審査基準において下記の2事項があります。

  • 定住している場所の住所と居住年数
  • 勤務先と貰っている給料から算出される年収と勤続年数

カード会社としては、住んでいる場所と居住年数を把握しておくことで支払いの能力があるかどうかを判断する材料としています。居住年数は長ければ長いほど信頼できる情報となります。

引越ししたばかりで居住年数が少ないという方もいるかもしれませんが、極端に居住年数の数字が低い場合には、逆にカード会社の担当者から理由を尋ねられることもありますので、しっかり理由を答えられるように準備しておくようにしましょう。

また、勤務先の勤続年数と年収を把握することによって、カードの利用限度額の目安を決めることができ、こちらも勤続年数が多ければ多いほど信頼してカードを発行できる人物として審査に有利に働きます。

審査基準はカード会社にしか分からない部分ではありますが、この2点に関してはどのカード会社でも重要視している部分ですし、必須の情報となっていますので覚えておくと良いです。

まとめ

はじめてのクレジットカードを作成とオススメのカードをランキング形式でご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

申し込みからカード発行まで、必要書類の作成や処理など段階を踏んでようやく発行できるのがクレジットカードです。カード申込書については利用限度額やキャッシング枠の金額を決める重要な書類ですので、間違いのないように慎重に作るよう心がけましょう。

また、カードの申し込みに際して、デザインを重視するのか、ポイントの貯まりやすさを重視するのか、重要視するものによって選択するカードを迷うかもしれません。

ランキング1位2位3位で紹介させていただいたオリコカード、ライフカード、楽天カードについては、初心者の方におすすめなバランスの取れたカードでもありますので、迷ったらランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードを作るならポイント獲得キャンペーンなどが多いインターネット上からの申し込みがお得です。

はじめてのカード申し込みは、どのカードを選択しようか迷ってしまうことも多いのですが、是非お気に入りの1枚を見つけてみてください。ETCカードも合わせて発行を検討されている方は、比較!年会費無料おすすめETCカードランキングでまとめてご紹介しています。

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)