クレジットカードを利用している方の中には、お金に困ったときにクレジットカードのキャッシング枠を利用して、お金を借りようと考える人も多いのではないのではないでしょうか。

普通に生活していても、何らかの事情によって急にお金が必要になるということはそれほど珍しくありません。「給料日前でお金がない」ことや「急に冠婚葬祭が入って、お金の用意がない」など、その時にお金がなく困ったことは誰でもあると思います。

ここでは、お金がないときにクレジットカードを使ってお金を作る方法や、それが本当に正しい選択なのかを解説していきます。

お金がないときにクレジットカードを使ってお金を作る方法

クレジットカードを利用してお金を手に入れる方法は全部で、5つあります。どれがおすすめという訳ではありませんので、今の状況にあったものを選ぶようにしましょう。特にお金を借りることになる場合はリスクも高くなりますので注意しましょう。

ショッピング枠を利用してクレカを現金化する方法

クレジットカードを利用して、とりあえずお金を用意する方法のひとつにクレジットカードの現金化という方法があります。これは現金化してくれる業者がいくつか存在しますので、ネットなどで調べてみるといくつか出てきます。

それぞれに条件などは、異なりますが、比較的誰でも簡単に現金化することが使えるので、困った時には便利なサービスと言えるでしょう。また業者によっては、来店などの必要はなく、ネットかメールか電話にて申し込みが可能なところも多く、使い勝手がよいのが特徴です。対応もスピーディーなので、今すぐ現金が欲しいという方にもおすすめです。

クレジットカードの現金化は、消費者金融で借りるのとは違いますので、誰にでも利用しやすいというわけです。クレジットカードのショッピング枠を利用するのです。

キャッシング枠で現金調達する方法

この方法はクレジットカードを持っており、そのクレジットカードにキャッシング枠が設定されていることが前提条件となります。

キャッシング枠の利用は、クレジットカードの審査が済んだ時点で利用限度額の審査も住んでいますから、クレジットカードが利用可能なATMなどでは利用限度額を超えない範囲で自分の銀行口座からお金を引き出すようにキャッシングをすることができます。

ただしクレジットカードのキャッシング枠で利用した金額はあくまで借金なのでそれを忘れないように利用することにしましょう。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠というものがあり、買い物などで使うのがショッピング枠、現金を引き出す時にキャッシング枠を利用します。

クレジットカードによってキャッシング機能がついていないものもありますので、お持ちのクレジットカード会社に問い合わせて聞いてみてください。

キャッシング枠があるとATMにカードを挿入し、簡単な操作をするだけで、枠内で現金を借りることができます。手元に現金を作るには、手っ取り早い方法です。

リボ払いでお金を作る方法

多くのクレジットカードでは、会員用Webサイトからの操作で、次のカード支払いについて一括払いからリボ払いに変更できます。リボ払いは買い物単位で行いますが、すべてをリボ払いにすることもできます。次のカード払いをリボ払いにして、毎月定額で済ませてしまうと、その分お金が浮きます。

その後給料が出れば、お金が手元に残るわけです。もちろん、カードのショッピングをリボ払いに変更するのも立派な借金ですから、無計画におこなってはいけません。ですが、慌ててカードローンに手を出すよりはいい方法なのではないでしょうか。

また、リボ払いの金利は15%程度のものが多く、消費者金融のカードローンの平均金利である18%よりも低く設定されています。さらに、カードの中にはリボ払い初回手数料不要をうたっているものがあり、この場合は利息の発生時期が遅れますのでさらに有利です。

クレジットカードで物を購入し転売する

クレジットカードは現金がなくても買うことができますので、とりあえずクレジットカード払いで何か商品を購入し、それを売ることでお金に変えます。価値のあるものなら、高く売れればそれが利益となります。

転売は売れない場合もありますのでリスクがあります。なので、お金がないときに現金を用意する方法にはあまり向きません。

クレジットカードで決済して支払いを遅らせる

前提として支払い対象がクレジットカード決済できるという条件がありますが、クレジットカードで支払うことによって支払いを遅らせお金がない状況を切り抜けることができます。

クレジットカードをまだ持っていない、持っているけど使えない状態という方は、バンドルカードを使う方法もあります。

バンドルカードにはチャージのシステムがあって、いわゆる電子マネーのようなサービスになります。お金を調達する方法ですが、まずバンドルカードを作って、チャージできる状態にします。

そして自分が持っているスマホで決済をして、バンドルカードにお金をチャージするのです。チャージされたお金を使って、amazonなどのギフト券を購入して、そのギフト券を買い取ってもらう方法があります。

ただしスマホ決済は、実質的には「後払い」のシステムになります。スマホの料金支払い日には、チャージした分のお金を払う事になるので、注意が必要です。手数料もあります。しかし後払い可能なら、その方法も悪くないでしょう。

クレジットカード以外でお金を作る方法

クレジットカードを利用したお金の作り方を解説してきましたが、ここからはクレジットカード以外でお金を作る方法を紹介していきます。

お金がない時にお金を作る方法は様々なものが考えられますが、金額の大小や即時性の有無で変わってきます。では、クレジットカードを利用する以外で具体的にどのようなお金の作り方があるのか解説していきます。

ポイントサイトでポイントを集めてお金に換える

パソコン

みなさんはポイントサイトというものをご存知でしょうか。案件をこなすことでポイントがもらえるサイトです。

そのポイントを現金に交換すればお金を作ることができるのです。ポイントサイトはネット上にいくつかあり、どれも無料で登録ができるので複数を掛け持ちして利用するのがおすすめです。

サイトの無料登録や資料請求などで簡単にポイントをゲットできます。特におすすめなのはクレジットカードを作成する案件です。クレジットカードの種類によりますが、中には作成するだけで1万円以上もらえることもあるので一気にお金を作り出すことができます。

ただ、ポイントサイトの中にはすぐに現金で振り込むことが出来ないサイトも多いので、すぐに振り込みが出来るサイトを見つけて行うのが良いでしょう。

その中で、モッピーやハピタスなどのポイントサイトがあるので、そこに登録をして、その中から高額な案件があるのでそれを行うのが一番早くお金が手に入ります。

この時注意しておいて欲しいのが、即日付与という項目です。すぐにお金が入ってくることが一番重要なので、そういう案件を見つけることが大事です。

ポイントサイトに登録すること自体は無料でできるので、登録しておいて損はありません。なぜならポイントがどんどん貯まっていき、知らない間にたくさん貯まっていた、ということもあるからです。

なので、1番良いのは自分が使いやすいと思うポイントサイトに登録して、毎日そのサイトを覗いてポイントをためていくことが良いです。急な出費にも慌てずにすぐに下ろせることが出来ます。

まずはポイントサイトに登録

ポイントサイトとは、掲載されているアンケートに回答するだけでポイントが貯まるというサイトになります。こうしたポイントサイトは新規登録時に何百ポイントをプレゼントしてくれることがほとんどなので、登録してアンケートに答えるだけで1ヶ月程で1000円程お金を作ることができます。

また、ポイントサイトには「クレジットカード発行で○○ポイントプレゼント」「アプリをダウンロードで○○ポイントプレゼント」というのもあるので、クレジットカードの発行で8000円程、アプリのダウンロードで500円程のお金を作ることができます。

アンケートに答えてもOK

アンケートサイトに登録をしてアンケートに答えることでもお金を作れます。アンケートサイトも無料で利用できます。企業から送られてきたアンケートに答えるだけなので、隙間時間にできて誰でも参加しやすいです。アンケート1つの単価は安いですが、複数のアンケートサイトを掛け持ちしてコツコツと続ければお金を簡単に得ることができます。

一時的にお金を借りてその場を凌ぐ

お金を借りる

お金を借りるというのは、あまりおすすめはできませんが、事故や入院など、どうしても今すぐ必要な場合は、どうしようもありません。派遣でも時間がなかったり、必要なお金の量が多い場合は、借りるほかありません。

しかし、銀行から借りる前に、まずは、知り合いや身内に頼って見てください。その方が、安心ができるのと、利子などを心配しなくて良いので、頼れる人にまずは頼って見てください。しかし、身内でも、家庭の事情は様々なので、もし誰からも借りれないと言う場合は、銀行から借りるしかありません。

しかし、もし今仕事がある場合は、金額はなるべく少なめか、必要な分だけを借り、次のお給料で返済できる様にすることが一番安全でおすすめです。もしも、仕事が無く、大金がどうしても必要な場合は、銀行からお金を借りても、すぐに、仕事を探すことをおすすめします。

友人から借りる

どうしても緊急でお金が必要になってしまった場合、身内から借りるという方法もあるでしょう。近くにお金を貸してくれるという友達がいるのであれば頼ってみるのもアリかもしれません。ただしお金の貸し借りはトラブルの元。知人からお金を借りる場合できるだけ速やかに返す必要があります。

お金の貸し借りが原因でたくさんの事件が起こっているのは毎日のニュースを見れば一目瞭然です。後からトラブルにならないように、誰からいついくら借りたのか、そしていつまでに返済するのかをしっかりと取り決めておくべきでしょう。一度でも返済が滞ると信頼を失うことは間違いありませんから最終手段として考えましょう。

知り合いだからお金を返さなくてもいいという考え方で借りるのは決していけません。知り合いだからこそすぐ返す必要があるのです。逆に言えばすぐ返せる自信が無いのであれば知り合いからお金を借りることは辞めておきましょう。

一番手っ取り早い方法ですが、本当に親しくなければ貸してくれませんし、お金を借りるということはあまり気持ちの良いものではありません。なので、どうしてもという時にだけ頼んでみてください。

金融機関で借りる

銀行

お金が必要になった時にすぐにお金が手に入る方法はやはり金融機関で借りることです。お金を借りる際に“審査“がありますが、今までに借金等がなければすぐに審査は降ります。簡単にお金を作る・用意することはできますが、お金を借りた後すぐに返済をしないと“利子が付く“ので注意が必要です。

お金がない時にお金を作る最もスタンダードな方法は、銀行や消費者金融からお金を借りることです。最近は銀行カードローンもたくさんあるのでとってもスピーディーに融資を受けることができますし、消費者金融ならば24時間365日いつでもお金を借りることができます。

「急な出費にすぐに利用できるカードローン」

今の消費者金融というのは審査スピードも早く、大手消費者金融や大手銀行では、最短で1時間ほどあればお金を手元にすることができます。カードローンならクレジットカードのキャッシング枠より多くの額を借り入れすることもできますので、10万円以上のお金が必要という人にはカードローンがおすすめです。

カードローンには銀行系カードローンと消費者金融系の2種類がありますが、「お金がない」という状況なら、消費者金融の利用がおすすめです。銀行系カードローンは、融資を受けるまでは少し時間がかかります。急いで準備したいなら、消費者金融がおすすめです。

お金を借りるハードルもそれほど高くはなく、定職についている人であれば誰でも簡単に借りることができるのです。ただしお金を借りるハードルは低くなったとはいえこれはれっきとした借金ですから、きちんと返す必要があるのは言うまでもありません。

カードローンの4つのメリット

現在では、消費者金融や銀行から消費者向けにカードローンが提供されています。利用者の多いカードローンには以下の4つのメリットがあります。

1.無担保・無保証人

急な借金をする時に、担保や保証人などを用意している暇はありません。その点、カードローンは担保や保証人の提供を必要としていません。つまり、申込者本人の信用に対して貸出をするため、担保を要求されません。その代わり、申込者に安定収入がないと借入ができません。

また、消費者金融の場合は審査もすぐに終わるため、申込んだ当日に借入金を受領することができます。ちなみに、銀行カードローンは保証人を必要としない代わりに、保証会社の保証を受けることが条件になっています。

2.借入金の使途が自由

お金を借りられたとしても、使用目的が限定されていることで使いたいことに使えないと、折角の借入金が無駄になってしまいます。ところが、カードローンからの借入金は使途が契約者の自由になっています(事業目的は不可)。

従って、借入金を生活費に使おうが、旅行費用に回そうが、医療費や学費に充てようが、契約者が自由に使えます。

3.追加借入が自由

住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどは契約時に資金を受取った後は返済するだけであり、追加の借入はできません。追加で借入をする時は新たな契約を結ぶことが必要です。ところが、カードローンは契約時に設定された利用限度額の範囲内なら、業者にその都度申込まなくても追加の借入が自由にできます。

なお、借入方法にはローンカードを利用してコンビニATMから出金したり、インターネットから申込んで借入金を自分の銀行口座に振込んでもらったりすることができます。

4.即日利用することが可能

正社員としてき勤務しているような人ででなくても、アルバイトやパートなどで収入があればお金を借りることができる場合が多いです。ですが、収入や職業によって借りられる額は決まっていますから、場合によっては希望額を借りられないということもあるでしょう。

申し込みをして即日お金を用意してもらえる即日キャッシングであればある程度のお金は用意できるので、冠婚葬祭などで手元に現金がないと困るような時であれば即日キャッシングでお金を用意しましょう。誰にも知られずに利用できるので、他人の力を得なくても、自分の身分証明書さえあれば利用できることがほとんどなので便利です。

投資でお金を増やす

投資

まとまった金融資産で流動資産があるならお金を取り崩す方法があります。株式や投資信託といった流動性がある程度ある金融資産であれば数日で現金に換金することができます。

利益が出ていたときは20パーセント強の税金が含み益にかかりますが、まとまったお金を借金という形をとらずに生み出すことができます。

あとは、3ヶ月ほど待てるというなら、持っている資産で株式などを購入し、配当金を得るといった方法もあります。ある程度まとまったお金が必要ですが、新たなお金を必ず生み出すことができます。

しかも働いて得た労働収入ではない形でお金が生み出されるのでかなりおすすめです。ただし、すぐには現金を手に入らないので時間を味方にする必要があります。

働いてお金を稼ぐ

急ぎでお金が必要でなければ、まじめに働いてお金を稼ぐという方法もあります。

派遣バイトに登録する

派遣バイトは、ネットで派遣バイトと入れれば、すぐに見つける事ができます。また、登録はほとんどがその日のうちか次の日にできます。必要な書類を持って行き、登録すると、次の日から仕事をすることができます。

派遣バイトの良いところは、基本的に一つの仕事に一度だけしか行かなくても良いので、継続する心配が一切ありません。なので、今すぐお金が必要な時は、とりあえず派遣に登録し、お金が必要な日まで数日間働けば、まずはその金額用意する事ができます。

また、派遣バイトは基本的に一日の仕事が8時間なので、時給が1000円以下でも約7000円は一日に稼ぐことができます。なので、本当に最低限お金がすぐに必要な時は、派遣に登録すれば、大金でなければ、必要なお金はなんとか稼げます。

登録さえ済ましてしまえば、次の日からでも働くことが可能なんです。派遣会社での単発短期アルバイトのメリットデメリットを教えます。

派遣バイトのメリット

なんといっても、一度登録さえしてしまえば自分の好きな日にちの好きな時間帯に働けることです。派遣会社に人員派遣を要請する企業は恒常的に人手不足、明日の仕事の人員が足りないと言う事もよくあります。

派遣登録さえあれば、派遣会社にお願いすれば次の日から働ける職場を紹介してくれます。お金が必要になったら必要な分だけ働けばよく、その後は全く働かなくても大丈夫です。

非常に都合の良い働き方ができます。覚える仕事も簡単です。日々スタッフが入れ替わる現場なので、複雑な作業を任せられることはありません。

難しい仕事で困惑させられるようなこともなく、誰でもこなせるものなのですぐに働けますよ。

派遣バイトのデメリット

職場環境に当たり外れが大きすぎることです。仕事自体は簡単だとしても、職場にいる人間の性格が最低クラスだということもぶっちゃけあります。

正社員→バイト&パート→派遣バイトという職場内の序列になります。弱い立場の相手には高圧的に出る輩がおり、最も弱い立場の派遣バイトはそのターゲットになります。

暴言を吐かれた、なんて話も派遣バイト同士の間で登ったりしますからね。常連の間ではそうした情報が回るので、悪質な企業は回避されてしまいます。その結果、初めて派遣バイトに行く人は悪質企業を引き当てがちです。

職場を選ぶ前には、派遣会社の社員にその企業のことを聞いといた方が無難です。また、肉体労働系の仕事も多くキツイ作業にぶち当たることも。トラックからの荷物の積み下ろしなどは危険です。

中身が軽いものなら楽勝ですが、ものによっては50キロの荷物の持ち運びなんてこともあります。体力に自信がない人は、こうした作業がある仕事に応募することは慎重になったほうがよいでしょう。

派遣バイトをするならちゃんとしたところを選ぼう

派遣バイトの種類は様々あり、中には危険なバイトもあります。出合い系サイトなどを覗いてみると、援交や援助交際、割り切りなどといった表現が目に着きます。これは相手と会って相手の欲求を満たしてあげるとお金が貰えるのですが、これも派遣バイトの一種となっている場合もあります。

いろんな人と出会いたい人にはおすすめな方法ですが、そういったお金が絡んだお付き合いに興味がない人は、欲求に答えることで心身を傷つけてしまうこともあるのであまりおすすめ出来ません。

クラウドソーシングでライターをして稼ぐ

ライターなどの仕事をクラウドソーシングサイトで探し報酬を得ることも可能です。すぐにできる仕事もたくさんあって、集中して仕事をすれば数日でお金を得ることができます。記事を作成するといっても難しいものではありません。初心者でも簡単にできてお金をゲットできます。

コツは、体験談や自分の得意なジャンルの記事を作成することです。書きやすい記事を選ぶことでスラスラと仕事をこなすことができます。記事作成は案件によって単価が異なりますが、割と高額な収入を得られるのでたくさん稼ぎたい人におすすめです。

ただし、サイト経由で仕事をすると手数料を引かれたりするので目標額を得るにはかなり時間がかかるケースもあります。また、特別なスキルがなければお金を稼ぐのは難しいので、そのあたりは自分のスキルをしっかり見極める必要があります。

ブランド品や不用品を売ってお金にする

お金を手元に欲しいけど金は借りたくないと言う人もいます。そんな人には、自分の手持ちの物から売れる物を探し出し、買取業者へ売ることをおすすめします。品物の状態の良さやブランドによっては、高額で買取してくれる物もありますので、お金を誰にも借りずに自分で手元に現金を作り出す方法としては最適な方法です。

自宅でいらなくなった電化製品や雑誌、衣服や食器など売ろうと思えばいくつか出てくるかもしれません。例えば聞かなくなったCD、見なくなったブルーレイ、読まなくなったコミックなどが全くないという人はそれこそは稀ではないでしょうか。あまり思いつかないという人でも探してみれば案外お金になるものはあるものです。

持ち込みすれば即日現金が手に入る

お店まで運ぶことが面倒ですが、これらのいらなくなった物をまとめて近くの買取店に持ち込めばそれなりのお金になる場合があります。大抵の買取店では持ち込まれてから、それほど時間をかけずに査定をしてくれて現金を調達することができます。

査定する数十分待てばその場ですぐに現金が受け取れます。身分証明書が必要であったり、季節外の商品や人気のない商品は思ったより少額だったりしますが、リサイクルショップによっては食品以外ほとんどの物を買い取ってくれるので、とりあえず持って行く価値はありそうです。

どのぐらいの値段で買い取ってもらえるかはわかりませんが、思った以上の高値になることもないではありません。また財布の中やどこかに眠っている切手や金券などは買い取りショップに持って行けばそれなりの金額で買い取ってくれる場合もあります。

ブランドものは質屋でお金にする

手軽にまとまったお金を手にしたいのであれば、ブランド買取の利用も有効です。もう使うことがないブランド品や、プレゼントで貰ったけれど使わないブランド品がある場合は、ブランド買取を行っているお店に持ち込みをしてみると良いでしょう。

現金化できる可能性が高いアイテムは金製品です。金でできたアクセサリーなどがある場合は、金買取を行っている業者に持ち込めば、その場で買取をして貰うことができます。この金買取の魅力は、状態を問わず買取をして貰えることです。

金買取は、アクセサリーの状態やデザインではなく金そのものの価値で評価をするため、どんな状態のアクセサリーでも素材が金であれば問題なく買取をして貰うことができます。

そのため、今すぐ現金が必要という状態になった時には、手元に手放しても良い金製品がないかを探してみると良いでしょう。金買取では、24金や18金は勿論、14金や10金のようにやや純度の低い金も、買取の対象となります。

質屋に持っていく前に手入れと付属品の確認

ブランド買取を利用してお金を作る場合、まずしておきたいのがブランド品の手入れと付属品の準備です。査定額は第一印象によって大きく左右されることが多いため、落とすことができる汚れなどは取り除いた状態で持ち込む方が良いでしょう。

更に、購入時についてきた保証書や箱、袋などが揃っていると査定額がアップしやすくなります。そのため、ただ買取をして貰うのではなく、高額査定を目指したいと考えるのであれば、購入時についてきたものを一式揃えた状態で査定に出すことがおすすめです。

ブランド品のなかでも人気の高いアイテムの場合は、購入時以上の金額で買取をして貰えることも珍しくありません。

フリマアプリなどで不要な物を売る

スマートフォン

手っ取り早くお金を得たいのなら、自宅にある不要な物をフリマアプリやオークションサイトで売却をするのがおすすめです。

聴かなくなったCDや観なくなったDVD、着なくなった洋服など家には何かしら不要な物があるはずです。ネット環境があれば誰でも簡単に売却できてすぐにお金を得ることができます。

ネットで私物を売ることで簡単に現金を作ることができるのです。数日の余裕がある場合は自分で値段を決めましょう。以外なものが高値で売れたり、手作りの物を売る専門のサイトもあるので、これは活用するべきです。

ネットで物の売買ができるメルカリというサイトがあります。こちらなら、自分で出品したいものの写真や金額を指定して投稿しておくだけで欲しい方が落札してくれるシステムなので手間もわずかです。

しかし、相手とのやり取りが必要である手間や、送料のことがあったり、自分の売値ではなかなか売れなかったりと、時間がかかり過ぎてしまう場合もありますので、即日現金化するにはリサイクルショップに持ち込む方が良いです。

まとめ

お金が無い時にお金を作ったり、用意したりする方法には知り合いや金融業者から借りる方法と、仕事などをして現金を稼ぐ方法があります。きちんと返済するまでの計画が立てられるのであれば、お金を借りてもいいですが、返済するまでの計画すら立てられないというのであればコツコツ仕事をして現金を得た方が良いでしょう。いずれにしても自分に合った方法でお金を用意することをおすすめします。

クレジットカードやカードローンにあまり抵抗がないという人であれば、1回カードを作っておけばお金がなくなった時簡単にお金を用意することができます。しかし、クレジットカードやローンカードなどでお金を借りた場合、返済期日までにきちんと返済できなければ督促状が届き、返済がしばらく滞ると訴えられることもありますから、きちんと返済までの計画を立てた上でお金を借りるようにしましょう。

ここでさまざまなお金を用意する方法を紹介させていただきましたが、お金を用意するのは容易なことではありません。事前にお金を使い過ぎないよう、貯金しながら計画的に使うことを心がけることが大切なのです。以上がお金がないときにお金を作り用意する方法となります。ぜひ挑戦してみてくださいね。