ETCカードの中には「ETCパーソナルカード」というカードがあります。ETCパーソナルカードはクレジットカードを親として発行する一般的なタイプのETCカードと違い、審査なしで発行することができます。車載器に挿入することでETCレーンを通過できるようになる点においては、その他のETCカードと機能は同じです。

審査不要なので一見良さそうですが、発行するにあたりメリット・デメリットを知っておかないと、作ってから後悔することが多いカードでもあります。ここでは、審査なしで作れるETCパーソナルカードについてご説明します。

審査なしのETCパーソナルカードとは

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは高速道路運営会社6社が共同で発行しているETCカードです。

  • NEXCO 東日本
  • NEXCO 中日本
  • NEXCO 西日本
  • 首都高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社

高速道路会社が発行していると言っても特別なカードではありません。使い方も、通行料金の割引も一般的なETCカードと同じです。

ETCパーソナルカードのメリット

ETCパーソナルカードの最大のメリットは、クレジットカードを発行しなくても作れるところです。多くの方は、楽天カードなら楽天ETCカード、セゾンカードならセゾンETCカードといった具合にクレジットカードを親としてETCカードを発行しています。そのため、クレジットカードを持っていない方はクレジットカードを発行する必要があります。

ETCパーソナルカードは単体で持てるカードなので、クレジットカードを作る必要がありません。したがって発行審査を受ける必要もありません。クレジットカードが嫌いな方、枚数を増やしたくない方にとってはETCパーソナルカードは魅力的でしょう。

作り方も簡単でデポジットを払えばすぐに届けてくれ、毎月の請求は指定口座から自動的に引き落とされるようになっています。銀行から毎月引き落とされる金額がクレジットカードと同じにならないので混同しません。

高速道路をさほど利用しない人は最低金額の2万円を預けるとよく、それでカードを発行してもらうことができます。一定の金額を支払えば審査なしでカードを発行してくれるので、ETCパーソナルカードは気分的にとても楽なカードと言えます。そうしたことから、高速を利用する機会が増える人も少なくありません。

ETCパーソナルカードのデメリット

ETCパーソナルカードは非常に便利なカードで、供託金を預けるだけで使用することができます。しかし最低でも2万円のデポジットを支払わなければならないので、人によっては高すぎると感じる人もいるでしょう。また支払う金額は利用金額ではなく、供託金として預けるものなのでデポジットという高額な保証金を預託する必要があるのです。

カードを返却するとデポジットは返却はされるのですが、中々カードを手放すことをできないことを考えると使っている限りは預けっぱなしということになります。ほかにも年会費がかかり、クレジットカードと違って保険やギフトポイントなどの利用特典がないのもデメリットと言えます。また利用料金のお知らせや領収書については郵送でしか対応してくれないのです。

ETCパーソナルカードは初期費用が大きく年会費もかかるため、個人的にはあまりおすすめ出来るカードではありません。多くの方は、年会費無料のクレジットカードにETCカードを付けるほうが賢い選択になるでしょう。

大きな違いは、通常のETCカードとは作り方に大きな違いがあり、通常のクレジットカードのように与信調査がありません。審査がなく管理会社に供託金を預けることでカードが発行される仕組みになっていて、預ける金額は利用金額で異なるのですが、有料道路の平均利用月額の4倍の額を預託する必要があります。

ショッピング・買い物には利用できない

ETCパーソナルカードはETC専用カードなのでクレジットカードとしての機能がありません。したがって、ショッピングには利用できません。

ETCパーソナルカードは保証金が必要

クレジット会社が発行するETCカードは発行に審査が必要で、ETCだけを利用できるカードだけを単独で作ってはくれません。このように通常ETCを利用する際には買い物やキャッシング機能付きのカードを作らないといけないのですが、ETCパーソナルカードは非クレジットのカードになっています。

ETCパーソナルカードはクレジット機能なしのETCカードなので、クレジット会社の審査が通らない人やクレジットカードを作成するのが嫌な人にとってうってつけになります。利用に際してはデポジットという保証金を預託する必要がありますが、その代わり審査がありません。

しかし、デポジットは利用料金に充当されるものではなく、利用頻度が多くなると増額する必要があり、拒否すると利用できなくなります。

ETCパーソナルカードの作り方

ETCパーソナルカードを作るには4つのステップが必要です。

  1. 申込書を手に入れる
  2. 申込書をETCパーソナルカード事務局に送る
  3. デポジットを振り込む
  4. カードの到着を待つ

ETCパーソナルカードを作るにはまず申込書を手に入れる必要があります。※ETCパーソナルカードを作る方法はETCパーソナルカード事務局への申込書送付のみとなっています。インターネットからの申込みはできません。

申込書は高速道路のサービスエリアでもらうことができます。または、ETCパーソナルカード事務局に電話して送付してもらうことも可能です。※事務局は土日、祝日、年末年始は営業していません。

申込書を送ると、デポジットの振込用紙が届きます。コンビニや郵便局などでデポジット金額を支払います。事務局でデポジットの入金が確認されると、カードが送られています。届いたその日からカードは使用可能です。

まとめ

ETCパーソナルカードはクレジット機能がついていないETC専用のカードで、審査がないのが魅力です。ただ利用にあたっては年会費と、高額なデポジット(保証金)が必要になります。初期費用や使い勝手を考えると個人的にはおすすめできるカードではありません。

当サイトでは年会費無料で持てるETCカードを、多数ご紹介していますので参考にしてみてください。

おすすめ!年会費無料ETCカード

年会費無料おすすめETCカード

1位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でETCカードを作るならオリコカードがおすすめ。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB から好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい! 

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

保存

保存

保存

保存

保存

保存