ETCカードの使い方というのは特に難しくはないのですが、意外と正しく使うための知識を知らない人が多いものです。ETCカードを装着した場合、まず正しく挿入されていて正しく認識されているかを確認する必要があります。

詳しいことは意外と知らないことが多いのでETCカードを正しく使うための基礎知識をまとめてみました。

ETCカードの種類

ETCカードはクレジットカードとセットになっている物が大半で、利用料金はクレジットカードに請求されます。ほとんどのETCカードの場合、クレジットカードとセットになっているのですが、気をつけないといけないのが種類によって年会費や手数料がかかることです。クレジットカードの年会費は無料でもETCカードだけ年会費がかかるタイプもあるので要注意です。

基本的にクレジットカードとは別の専用カードとして発行されるのがETCカードなのですが一体型も存在します。カードを2枚持つのが面倒な人は一体型がおすすめですが、一体型の場合、盗難や紛失時に不便でクレジットカードとETCが両方とも使えなくなります。ETCカードを利用するに当たっては、その種類を知って自分に合った物を選択する必要があります。

カードの利用にはETC車載器が必要

ETCカードを利用する場合、ETC車載器を設置する必要があるので購入しないといけません。購入と設置にはコストがかかるのであらかじめ用意しておきましょう。費用としてはETC車載器の購入としてまず5,000円から10,000円くらいが必要になります。

そして設置料金とセットアップ費用にそれぞれ3,000円くらいかかります。全部で11,000円から16,000円くらいは覚悟しておきましょう。

車載機の設置については自分でもすることができるので費用を節約したい人はそうすればよいのですが、ある程度知識がないと無理でそれなりに時間がかかります。理想的なのは車検のタイミングでの車載器の導入で、日頃お世話になっている車屋さんにお願いすれば無料で設置してくれることもあります。

料金所通過の際には気をつける

ETCカードが発行されると車載器にETCカードの情報をインプットしてカードを挿入するのですが、カードが届いたらまずETCマイレージに登録しましょう。使い方で注意が必要なのはETCゲート通過時で、必ず20km/h以下に減速して通過する必要があります。

また追突事故防止のために車間距離はきちんと確保し、決して並走や群走をしてはいけません。追い抜きやバック走行なども厳禁で、安全に料金所を通過することを忘れないようにしましょう。

ETCカードを使い始めの際、一般レーンの料金所に入ってしまうことがありますが、間違って一般レーンに行っても慌てる必要はありません。スタッフにETCカードを手渡しすれば割引してくれます。ただ高速道路の入口の時点で一般レーンを通過すると割引対象外になるので入口だけは間違えないようにしましょう。

領収書の代わりに利用証明書がある

ETC料金には領収書がないので必要な時に困ることがありますが、領収書が受け取れなくても利用証明書で代用することができます。ETCカードを使って精算すると現金の受け渡しがないので領収書は発行されませんが、カード利用明細書と請求明細書があります。

ただこの書類が発行されるのは利用した翌月か翌々月になるので、経費精算には時間がかかりすぎます。すぐに提出できないと経費の精算がスムーズにできないことになってしまいます。

そこでおすすめなのが、道路事業者が発行している利用証明書で、会社の経費精算で高速道路の領収証が必要な時に便利です。またETC利用照会サービスを利用すれば、利用区間と料金が記載された明細書をプリントアウトできます。

まとめ

ETCカードを使う場合、まず色々な種類があるので自分にふさわしい物を選びましょう。そしてETC車載器は必ず設置し、料金所通過の際にはスピードを落とし事故のないよう安全に配慮しましょう。

おすすめの年会費無料ETCカードまとめ

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)