オリコカード

Amazonでの買い物が多い方は、当然クレジットカードで支払いされていますよね。そこで疑問に思うのが、Amazonで一番得になるクレジットカードってどのカード?だと思います。

そこで、よく名前を目にするのが、Amazon Mastercard クラシックとオリコカード。 名前だけ聞くと、「Amazonが出しているクレジットカードの方が、何となくポイントが貯まりそう」と感じますよね。

結論からいうとオリコカードの方がポイントが貯まります。ここでは、Amazon Mastercard クラシックとオリコカードのポイント還元率と、年会費や使いやすさを比較していきます。

実はイマイチな Amazon Mastercard クラシック

Amazon Mastercard クラシック

Amazon Mastercard クラシックは、年会費が3900円(税込)必要なAmazonプライム会員になると、ポイント還元率が1.5%から2%にアップします。

ですが、Amazonプライム会員にならなければ、ポイント還元率は1.5%どまりですので、オリコモールを経由することによって、さらに0.5%多くポイントが貯まるオリコカードのほうがお得です。

オリコカードではオリコモールを経由することによって、Amazonだけでなく、楽天市場、yahoo!ショッピングなどの買い物で、最低でも2%のポイント還元を受けられます。

※オリコカードの上位カードである「オリコカード the point プレミアムゴールド」であれば、さらに1%多くなり、2.5%のポイント還元率となります。

さらに、オリコカードは入会してから6ヶ月以内はポイント還元率が2倍になります。このように、ポイント還元率を比較すると Amazon Mastercard クラシックには何の優位性もありません。

Amazonの利用に限ったとしても、オリコカードはAmazonの発行するクレジットカードよりもポイントが稼げてしまうというのですから、何とも皮肉な話です。

年会費においてもオリコカードは永年無料、Amazon Mastercard クラシックは初年度無料ですが、2年目以降は1350円(税込)の年会費が必要です。Amazon Mastercard クラシックがイマイチというよりは、オリコカードが最強すぎるのかもしれません。

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

Amazon 以外のショッピングではポイント還元率1%

Amazon で買い物をされる方は多いですが、ほとんどの方は、それ以外の場所でも買い物をしていますよね。

  • 最安値がAmazonじゃなくて楽天だった
  • 欲しいものがAmazonにはなく、Yahoo!ショッピングにあった
  • Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング以外のネットショップも利用している

Amazon Mastercard クラシックは、Amazon 以外のショッピングでは1%分のポイントしか付与されません(ただ、1%であってもクレジットカードの中ではポイントが稼げるほうです)。

オリコカードであれば、Amazon利用に限定されることなく、1%以上のポイント還元率を受けることができます。こうなってくると、Amazon Mastercard クラシックを作る理由がなくなってきます。

オリコカードとAmazon Mastercardクラシックを比較

オリコカード・Amazon Mastercard クラシック

ポイント還元率

解説してきた通り、Amazonカードのポイント還元率は基本が1%、Amazonで利用した際には1.5%、さらにAmazonプライム会員になると2%になります。

オリコカードであれば、オリコモール経由でAmazonを利用するだけでポイント還元率が2%になります。つまり、オリコモールを経由するだけで、プライム会員に入会している状態と変わらないことになります。

ポイント交換先

こちらも前述した通りですが、Amazon Mastercard クラシックで獲得したAmazonポイントはAmazonでしか使えません

しかし、オリコカードであれば、

  • Amazonギフト券
  • nanacoポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • ファミリーマートお買い物券
  • LINEギフトコード
  • iTunesギフトカード
  • すかいらーくご優待券
  • docomoポイント
  • ANA・JALのマイル

このように、さまざまな商品と交換できます。例えすでに Amazon プライム会員であってもオリコカードの方が優位なのは変わりありません。

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)

クレジットカードの年会費

Amazon Mastercard クラシックの年会費は、初年度無料となっていますが、2年目からは1350円(税込)の年会費が必要です。ただし、年1度でも利用すれば無料になります。これに対してオリコカードは条件なしで年会費無料です。

ETCカードの年会費

Amazon Mastercard クラシックもオリコカードもETCカードの申込みができます。

Amazon Mastercard クラシックのETCカードは初年度無料ですが、2年目以降は500円(税抜)の年会費が必要です。ただ、ETCカードの利用が年1回以上あればその年の年会費は無料になります。※クレジットカード利用だけでは無料になりません。ETCを利用する必要があります。

オリコカードのETCカードは条件なしで年会費永年無料になります。

利用できる電子マネー

Amazonカードでは、iDが利用できます。しかし、オリコカードはiDのみならず、QUICKPay も利用可能です。

ゴールドカードの審査基準

Amazon Mastercard クラシックの上位クラスに位置づけられる Amazon MasterCard ゴールドですが、申込みに際して満30歳以上かつ安定した継続収入を有する人というように、制限が設けられています。

これに対してオリコカードは20歳以上であれば申込み可能です。他方、オリコカードのゴールドカードはAmazon MasterCard ゴールドよりも通過しやすいです。

審査難易度

オリコカードより、Amazon Mastercard クラシックのほうが審査難易度が高めです。理由は簡単で、Amazon Mastercard クラシックの審査を行うのは銀行系クレジットカード発行会社である三井住友カードだからです。銀行が審査するクレジットカードは、そうでないクレジットカードに比べると審査が厳しいです。

まとめ

クレジットカード選びで大きなポイントである年会費、ポイント還元率を比較してもAmazon Mastercard クラシックに勝ち目はありませんでした…。やっぱり、Amazonで買い物をするならオリコカード一択です。

2018年 おすすめクレジットカード・ETCカード

1位 ライフカード

ライフカード

誕生月にポイント還元率が3倍になるライフカード。カードカラーはさわやかなブルーで男女問わず人気のあるカードです。

クレジットカード・ETCカードともに年会費永年無料・発行手数料無料で作ることができます。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率が優遇されるお店やサービスが限られていますが、ライフカードは誕生月であればどこで使ってもポイントが3倍になります。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB 3つの中から好きなブランドを選択可能。もちろんどれを選んでも年会費・発行手数料は無料です。

最短3営業日発行なので、手元に届くスピードが早いのも嬉しいところです。

ライフカード公式サイト 発行はこちら(無料)

2位 楽天カード

楽天カード_楽天ETCカード

知らない人はいないほど有名な楽天カード。実はETCカードも発行可能です。クレジットカードの年会費・発行手数料は無料ですが、ETCカードは年会費が540円(税込)かかります。

年会費は嫌だなと思っても、月額で計算すると45円(税込)なので無料みたいなものです。

楽天市場で買い物をすると最大ポイント還元率が4倍の4%になるので、楽天を使われる方は必須カードです! この機会に発行してみてはいかがでしょうか。

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、3つの中から自由に選べます。

楽天カード公式サイト 発行はこちら(無料)

3位 オリコカード

年会費無料、発行手数料無料、高ポイント還元率! 完全無料でクレジットカード・ETCカードが作れるオリコカード。

オリコカードで、「オリコモール」を経由し、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで買い物をするとポイントがザクザク貯まります。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの買い物が多い方はオリコカードで決まりです。

もちろん、ETC利用でもポイント還元。入会後6ヶ月間はポイント還元率が通常の倍の2%になるので、カード発行後ETCカードを使う予定のある方には特におすすめの1枚になっています。

国際ブランドは、MasterCard、JCB の2つから好きなブランドを選択可能。デザインもブラック一色でかっこいい!

オリコカード公式サイト 発行はこちら(無料)